« 近未来の日本、そして地球人類 2 | トップページ | 「神と人間」について 守護霊・守護神2 »

2015年12月15日 (火)

近未来の日本、そして地球人類 3


  
  
世界経済の破綻

  

私は経済に関して専門家ではないので、あくまでも地球は近い将来アセンション(次元上昇)
する。
 
次元上昇した星(金星)には、お金という媒体は存在しないという観点から述べていきます。

ゴールを先に設定、イメージするわけですね。

まず、インターネットが出来た、インターネットは世界をショートカットした。

地球の裏側と一瞬で繋がるようになった。

生産者と消費者が、需要と供給が、サービスが、それまで何段階も経てたどり着いていたものが、そこで利益を得ていたものが、ただに近い値段で流通し始める(価格破壊)。

ネット競争により儲かっていたものが、少ししか儲からなくなり、まったく儲からなくなり、ほとんどの産業が無くなってゆく。

仕事が無くなるということもそうなのですが、環境もそうなのです。

日本は今、820万戸の空き家があるそうです。

東京でも空き家が急増している、都心から少し離れたところでは土地や賃貸の暴落が始まっています。

中国の経済は破綻しているにもかかわらず国際通貨になった。

にせ札が出回っている。

そのにせ札をつかんだ人が本物に取り替えようとしても受け付けてくれない。

政府が調整せず(コントロールせず)、お札を刷りまくっている。

今、出回っているお金(お札)が紙くず同然(円も含めて)になるのは、想像にかたくない。

総合的に観ても、地球世界経済の終焉は確かだと思うのです。

それは何も悪いことではなく、自然の流れなのです。

ある意味、宇宙の法則に乗っているのです。


  
  

« 近未来の日本、そして地球人類 2 | トップページ | 「神と人間」について 守護霊・守護神2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/62983403

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来の日本、そして地球人類 3:

« 近未来の日本、そして地球人類 2 | トップページ | 「神と人間」について 守護霊・守護神2 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ