« 『神と人間』 について3 | トップページ | 『神と人間』 夢はなぜ見るか?2  »

2015年11月30日 (月)

『神と人間』 について(夢は何故見るか)



感想

  

「想いは現実化する」 「思いをカタチにする」 「強く思えば夢は叶う」・・・・・

巷の本屋さんには想い(イメージしたこと)が現実になるという類の本が所狭しと並べられています。

それは真理であり、間違いのないことなのですが、想いというのはそう単純なものではなく、想いたくないのに想ってしまったり、

「こんなことを想ってはいけない、なんて自分は悪い性格なのだろう」

と自分を責めてしまうのです。

想いはなぜコントロール出来ないのか?

それは想いは自分の本心ではないからです。

想いは相手の心と書く、人の思いが移って来るのです。

肉体の頭というのは、たくさんの人の想念波動をキャッチしています。遠く離れた人の想念までも拾ってしまう(集合意識)ほど精巧に出来ているのです。

そしてそれが人の想いとはだとは思わずに、自分の本心から来ているものだと思い込んでいる。

想念とは自分の本心と他人の想いがごちゃまぜになっているのです。

だから自分の思いに自信が持てない、そこに過去世からの想念までもが加わってくるものだから、自分が自分で無くなるのも無理からぬことなのであります。

話が長くなりましたが、

夢は想ったことが現実になってしまってはいけないために夢の中で想念を消す、守護霊様の偉大なお仕事なのです。

善いことばかりを想っていれば、現実になっても善いのですが、ほとんどの人間は、ろくなことを思い考えてはいないのです。

肉体界が混沌とし、暗黒時代になってしまったのも想念が汚れているからです。

守護霊は、想念がそのまま現実になってしまっては、かわいい孫やひ孫たちが不幸になってしまうので、夢の中(霊界)で必死で消しておられるのです。

そのことがわかれば人間は出来るだけマイナスな言葉を吐き、思うことを控えると思うのです。

そうすれば、守護霊さまの仕事が減り、少しでも楽をさせてあげられる。

そう思うのであります。守護霊さまとは、自分たちの祖先であり、悟ったおじいさんおばあさんなのです。

  



本文


守護霊を信じ、守護神を想い、神に感謝しなければ、いくら因縁の転回や、心の法則を知ったところで、人間は永久に救われない。
 

こちらが知っていても知らなくとも、守護霊はただ、黙って人間を見守ってくれる。
 

夢などはその顕著なるものである。
 

夢は何故見るか、この問題は世界の学者が種々と研究をつづけているのだが、いまだに、はっきりとわかっていない。
 

夢とは人間の業因縁の消滅する姿である、と私はいう。
 

想念は必ず現われる。
 

この法則は動かしがたい法則である。この法則のままに、想うことがそのままこの肉体に現われたら、この人生は、もっともっと以前に滅びていたに違いない。
 

何故ならば、肉体の人間の心を奥底まで解剖すれば、愛は情に流れて執着となり、恨みは恨みを重ね、悲しみは悲しみを追い、闘争心は常に戦火を絶やさず、情欲の業火は至る所に燃え広がり、殺傷事件は眼に触れるあらゆる個所に展開されていることは明らかである。
 

この業念の感情を、肉体脳髄の念の休止している間に、巧みに夢として肉体世界と離して、画き出してしまうのが守護霊の偉大なる一つの仕事なのである。
 

現われれば消えるのが想念の性格であるので、夢として画き出されてしまえば、その想念は消えてしまう。
 

肉体世界に現われた場合は、その現われが、また頭脳にキャッチされて、再び同じ想念を幽体に記録してしまうが(それでも現われれば幾分ずつか、消えてゆくのである。)

夢の場合はその想念(おもい)が巧みに劇画化されていて、いったいなんの想念であるか判然としないので、夢から醒めた後で、いくら肉体頭脳で思ってみても、その夢に現われた想念(おもい)は再び幽体に記録されることはない。

 

その想念は夢によって一度断ち切られるので、業因縁がそれだけ消えたことになる。
 

たまたまはっきり憶えている夢もあるが、守護霊が予知的に、その人に示す夢(霊夢)以外は、その夢の画が、やはり、その想念の内容を察知できぬように描いてあって、判然としない。


フロイトという精神分析学者は、この夢をすべて性欲(リビドー)の現われと解釈していて、夢に現われる物質、風景、氏名等によって、それぞれの内容を解剖しているが、私の述べていることとはまるで異なる解釈で、人間の救いには、あまり役立たぬものと思う。
 

判然としない夢は、そのまま判然とさせる必要はないので、ただ、簡単に、自分の業想念が肉体の悪い運命となって現われるのを、守護霊がその夢と現わして消して下さったのだ、と感謝すればよいのである。

 
このことを知ることは大きな救いになると思う。
 

この守護霊の働きは真に感謝しなければならぬものである。
 

守護霊は霊界、幽界、肉体界と三界を通して働ける者なので、幽界(潜在意識の世界)において、できつつ運命、あるいはすでにできあがって、時間の経過につれて自然に肉体界(現界)の運命として現われようとする悪想念の結果(因果)を、あらゆる手段をもって、その運命として現われぬように修正してゆく。
 

この守護霊の働きを、知っている人は、感じている人は実に少なくて、肉体人間の大半が、この蔭の働きを知らないのである。
 

守護霊はその肉体人間が、守護霊の守護の力を知ろうと知るまいと、それは問わず、ただひたすら、運命の修正に全力を挙げているのである。
 

いわゆる菩薩行なのである。



 


どういう風に守護霊が運命を修正してゆくかは明日続きを書きます。ペン わーい(嬉しい顔)




      『神と人間』 より   五井昌久  白光出版




  

« 『神と人間』 について3 | トップページ | 『神と人間』 夢はなぜ見るか?2  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/62753670

この記事へのトラックバック一覧です: 『神と人間』 について(夢は何故見るか):

« 『神と人間』 について3 | トップページ | 『神と人間』 夢はなぜ見るか?2  »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ