« 真理を知ることそして悟ることは素晴らしい 1 | トップページ | この本ほんとにおススメです。 »

2014年11月 2日 (日)

真理を知ること、そして悟ることは素晴らしい 2



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妙好人(みょうこうにん)と言われる人たちがいるんです。

妙好人というのは浄土門から出ているんですね。 南無阿弥陀仏から出ているんです。

妙好人というのは、白蓮華のように、きれいに浄まった人という意味なんです。

悟った人です。

それで学問なんかない、知識もないんですが、行ないが素晴らしくいい。

そういう人を妙好人というのです。

自力の聖道門や禅宗なんかからは出ていない。

「みんな南無阿弥陀仏、このじじいのような悪いものを」 というところから出ているんです。

因幡(いなば)の源左さんで、お百姓なんですけれど、ものすごくいい人なんです。

けれど自分は一番の悪人だと思っている。 一番どん底の悪い人だと思っている。

ちっとも悪くないのですよ。

自分が一番悪い人だと思って、何が来ても、どんなことが来ても有り難いと思っている。

子どもが長男、次男とつづけて二人、狂ったようになって死んじゃうのです。

お寺の和尚さんが 「いくら阿弥陀様の慈悲だといっても、こんなに悪いことが重なると

慈悲と感じられないだろうね」 と言うと

 「いやそんなことはありません。阿弥陀様のご慈悲でございます」 素直に本当にそう

思っている。

それで 「この苦しみから逃れて、早く阿弥陀様のところへ行かれた、有り難いことだ」

というような考え方をするんですよ。

火事で焼けちゃうことがあるんです。 でもそれがそのまま有り難い、前生の業がこんな

苦しみぐらいで消えていって有り難い・・・・すべてそういう式なの。

それには泣かされますよ。すべてが有り難い。

いいことをして有り難いのは誰だって有り難いわね。

お金が入りました有り難い、出世しました有り難い、というのは有り難いんだけれども、

ふつうの場合でいえば有り難くもなんともないことを、スパッと有り難い、と思えるんです。

とても素晴らしく、見ていると涙ぐましくなっちゃうんです。

牢獄に入っている犯罪者たちをみると

「私のような悪い者が入らないで、代わりにあの人たちが入ってくれ、こういうことをすれば

こういうことになる、という見せしめをしてくださって、本当にあの人たちは私の身代りに

なっているんだ、有り難い」という調子なんですよ。

そういうのを聞くと、ああいい人がいるもんだなァ、人間はいいなァと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
  絶賛発売中!!

  「想いが世界を創っている」 五井昌久 白光出版







 








 

 

 

« 真理を知ることそして悟ることは素晴らしい 1 | トップページ | この本ほんとにおススメです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/57867228

この記事へのトラックバック一覧です: 真理を知ること、そして悟ることは素晴らしい 2:

« 真理を知ることそして悟ることは素晴らしい 1 | トップページ | この本ほんとにおススメです。 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ