« 肉体は無くなっても、魂(心)は永遠に生き続けるのです。 | トップページ | 悩みを紙に書き出して 頭の中をスッキリさせよう »

2014年9月28日 (日)

世界平和の祈り以外に個人も人類も救われる(幸せになる)道はない


 

 

以前の私は、ブログに世界平和の祈りのこと、守護霊守護神のことばかりを書きなぐって

いましたが(笑)

今は、他の日常生活のことなどを散りばめながら時々、書くようになっています。

真理とは、肉体がこの世を去っても魂(心)は未来永劫ずっと生き続けるのですよ。

と、いうのはいくつかある真理の中の一つであり、実は他にもあるのです。

 
 
 

それは


自分は何者であるか?(我即神也)

他人は何者であるか?(人即神也・人類即神也)

私たちはどこから来たのか?(宇宙・他の星(金星等))

死んだらどこに行くのか? (幽界・霊界・神界・・・)

なんのために生まれて来たのか?(真理を識って天命をまっとうするため)

自分一人で生きているのか? (守護霊・守護神によって守られている)

目の前の現象はどこから来ているのか? (過去世の想念行為が今現われている)

未来は変えられるのか? (未来を明るく想像することで創造される・・・果因説)

世界平和の祈りしか個人も人類も救われる道(メソッド)はないというのはどういうことか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お伝えしたいことは山ほどあるのです(笑)

今日はそのうちの一つをご紹介します。

 
 



 

【守護霊・守護神】


 
祈ると


・守護霊守護神の中に、世界平和の祈りの中に全部入ってしまうと、今度は肉体の自分が

やっていると思うけれど、実は守護の神霊がそのままスースーと、動かしてくれているのが

わかって来ます。



・私どもの加護の力を、大生命である神の人間の面への守護の力、つまり守護神と、

祖先の子孫を守り通したいという守護の想い、つまり守護霊との2つに分け、

感謝を捧げる行をしているのであります。

そうしますと肉体人間と守護霊守護神との、障害のないまっすぐなつながりが出来て、

肉体内の霊魂(神の分生命)と、外面的な力(神)、大生命との一体感が次第に出来てきて、

安心立命の生活を、地上界においても霊界においても出来るようになるのであります。


・守護霊守護神さんの中に、自分の消えてゆく姿の想いを、みんな投げ入れてしまいなさい。

そうすれば守護霊守護神さんの方で、その想いを全部すくい取って消して下さるのだ、

というわけです。

守護霊守護神の中に、自分の想いを入れてしまう。それを一歩深めて、守護霊守護神と共

に、世界人類の幸せを自分たちのものにしよう、世界を平和にしようという菩薩の心になっ

て、世界平和の祈りをする。そうすると業生の自分がいつの間にか守護霊守護神と一つに

なり、世界平和の祈りをしている。

それをくり返していると、いつの間にか自分の潜在意識にたまっていた悪い想いが、

どんどん消えてしまって、知らない間に神の子である本当の自分が、そこに現われてくる。

そして光り輝くわけです。



« 肉体は無くなっても、魂(心)は永遠に生き続けるのです。 | トップページ | 悩みを紙に書き出して 頭の中をスッキリさせよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/57512231

この記事へのトラックバック一覧です: 世界平和の祈り以外に個人も人類も救われる(幸せになる)道はない:

« 肉体は無くなっても、魂(心)は永遠に生き続けるのです。 | トップページ | 悩みを紙に書き出して 頭の中をスッキリさせよう »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ