« 感情を喜ばせることでは、絶対に魂は満たされない | トップページ | 「1000人の人にパンを配るよりほんの一瞬でいいから冷静でいなさい」 1 »

2014年8月17日 (日)

レストランは小さなビジネススクール



 

私は、営業でいろんな企業やお店を回っています。

そこで感じるのは

「この会社(店)は、いったい何をしたいのだろうか?」

と感じることが多いのです(特に店)

今、歯医者さんや整骨院、美容院、マッサージのお店があちらこちら

あらゆるところに乱立しています。

コンビニ並みの多さです(笑)

なぜ、こんなに多いかというと

「儲かりそうだ」

「資本をかけないで比較的安く始められる」

「手に職をつけたからそれを活かしたかった」

など、商売にするには弱い動機からきているように思うのです

・・・・・・・・・・・・・・・

だからどのお店に飛び込んでも

活き活き溌剌と仕事をしている人が少ない、エネルギーに充ちて気持ちの良い

場所があまりないのです

・・・・・・・・・・・・・

そして、

「こうしたらもっと善くなる」

「お客さんが増える」

と良いアドバイスを聞いても(騙しの情報が多いのも確かですが)

お金がかかるとか面倒くさいという理由で

チャンスを広げようともしない

「失敗してもしかたがない」

「死に物狂いでなってまでやる気はない」

という気構えなのです

それでは、チャンスも逃げて行きます

だれも応援してあげようとしなくなります、アドバイスもしてくれなくなります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこういう人たちが案外多いのだということに驚きました

一方、やる気は満々

気力だけは充実している人もいます

しかし、ビジネスには素人で

「やりたい!」 という気持ちだけでやっている人も厳しいと思うのです

経営をするというのは、マネジメントが必要です

資金繰り、商品(料理)、商品開発、社員教育、集客、PR、営業、リーダーシップ・・・・

・・・・たくさんのバランスの取れた資質が必要です

「これはビジネスとしてやっていけるのか?」

「自分のスキル、そして経営手腕で乗り越えていけるのか?」

「今の時代のニーズに合っているのか?」

「将来性はあるのか?」

そして

「自分のしていることは、世の中の役に立つことなのか?」

「勘違いをしていないか?」(いろんな意味で)

理念(目的意識、使命感)がしっかりしていれば、経営のスキルは

同時進行でいいかもしれません

しかし、毎日自分を進化させて

成功へのステップを一瞬一瞬、感じるようでないでいけないと思うのです

向上心とでもいうのでしょうか?

精神とスキル(技術)が調ってこそ、エネルギーは成功へと動き出すのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのことを実感させてくれる本が2冊あります。

よかったら読んでみてください

これから起業しようとしている人にも是非読んでいただきたいです。



 

『レストランは小さなビジネススクール』 山下春幸 アスコム
 


『宇宙が味方する経営』 伊藤 忠彦



 



 



 

« 感情を喜ばせることでは、絶対に魂は満たされない | トップページ | 「1000人の人にパンを配るよりほんの一瞬でいいから冷静でいなさい」 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/57106160

この記事へのトラックバック一覧です: レストランは小さなビジネススクール:

« 感情を喜ばせることでは、絶対に魂は満たされない | トップページ | 「1000人の人にパンを配るよりほんの一瞬でいいから冷静でいなさい」 1 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ