« 女は胆力 | トップページ | どれだけ本気か? »

2014年7月17日 (木)

臍(へそ)で茶を沸かす

 

「臍で茶を沸かす」

「はらわたが煮えくりかえる」

2番目はあまり良くないことわざ?ですが(笑)

下丹田(へそ下3.5センチ)にはそれくらいエネルギーが集まっていることを人間は知っていたのです。

お腹には、業消しの役割があるのです。

悪いものを集めてそこで集中的に消すのです。

目に見えない世界である幽界、霊界は浄めることは我々肉体人間はできません。

今、肉体界がおかしくなっているのは

人間の想念の集積場である、潜在意識の世界、幽界が汚れてしまっているからです。

幽界が肉体界に現れて来ている

だがしかし、幽界を浄めることは肉体人間には出来ない

だったらどうすればいい?

それは、幽界を浄めることの出来る霊界におられる守護霊さん

神界におられる守護神様にお願いすることです。

でもそれでは、他力本願? だけになってしまう

自分のことは少しでも自分でどうにかしたい

肉体人間の自分に出来ることは何か?

それは、下丹田を意識して肉体界の現象(マイナス)の現われを少しでも小さくすることです。

そして、良いことにはもっと良いことをプラスさせることです。

そんなことが出来るのか?って

出来るのです。

下丹田は、自己(縁者さんたち)のエネルギーと宇宙のエネルギーが交わっている場所です。

悪いものを光に変え、大難を小難にします

死ぬところを小さなケガにしてくれます

大きな試練が小さな試練になります(気づきが必要ですが)

これらのことを起こすには、集中力が大切です

気を沈めて祈ることが大切です

下丹田に集中すると、下丹田以外のところの力みが消えます

身体がもし不調和だったのなら悪いものが下丹田に集中してパラパラと取れてゆくのです。

下丹田にはもの凄い力が宿っているのです。

それを使うのか、使わないのかは、まったく個人の自由です。

しかし、下丹田を意識することは念力ではありません

それは、下丹田で何か邪なことを思おうとしても思えないようになっているからです(笑)

お釈迦様が弟子たちに座禅観法させたのも下丹田のみを意識させました。

下丹田は、宇宙(神)とつながっているので、宇宙意識にしかならないからです。

(常につながり続けることが大切です)

宇宙は、無限のプラスだけです。

マイナスは一切ありません

下丹田は、肉体人間が宇宙とつながることの出来る一番やさしいメソッドなのです。



 

 
 

 

« 女は胆力 | トップページ | どれだけ本気か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56817524

この記事へのトラックバック一覧です: 臍(へそ)で茶を沸かす:

« 女は胆力 | トップページ | どれだけ本気か? »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ