« お酒について | トップページ | 足を鍛えよう »

2014年7月 1日 (火)

本来の自分とは

 

昨日までは、明るく自信に満ちあふれていたのに今日の自分はまったく違う自分に

なってしまっていることってありませんか?

それは太陽をイメージすればわかるのです。

本来の自分(太陽)は光り輝いているのに、暗雲は取り巻くと地上は暗くなります。

そし一週間も長雨が降り続くと太陽の存在を忘れてしまいそうになります。

「いつ雨はやむのだろう?」

「太陽はどこに行ったんだろう?」

「このまま降り続いたら自分の家は流されてしまう」

「雨で仕事にならない、これから先どうしよう」

・・・・・・・・・・・・・

どんどんと不安が広がっていきます

雨が降る前と降っている最中だと心理的に大きな違いがあります。

今、世の中が暗くおかしくなっているのは 無限なる光!

人間の心の中が曇ったままだからです。

太陽の光を射し込ますメソッドを知らないからです

いくら強い目的意識を持ったとしても心はすぐに雲ってしまいます

目的意識やモチベーションは、波動調整をしてプラスのエネルギー体になって

からでないと強固にはならないのです

マイナスをプラスに変えようとしても肉体人間の意志だけではどうにもなりません

マイナスのエネルギーをあなどってはいけません

感情のエネルギーは凄まじいです

宇宙からの直接のエネルギーを受け取りましょう(宇宙には無限のプラスのエネルギーで溢れています)

それが印なのです。

印を組むと、暗雲が消えてゆくのがわかります

本来の輝いた素晴らしい自分になってゆくのがわかります

まっ暗い部屋で、明るくしようとしたら念力では無理です

気持ちでどうにかしようとしてもどうにもなりません

それよりも、明かりのスイッチを入れることです。

オフをオンにすればいいのです。

オンにあたるのが、印なんです。

宇宙神からの強烈な光(エネルギー)が肉体に入って来ます。

すると、今までの不安がウソのように晴れてゆくのがわかるのです。

印を組むまでは、「何をやってもうまくいかない、自分はなんてダメなんだ」

と思っていたのに

「絶対に大丈夫、自分には常に強い味方、守護霊守護神がついてくれている」

という確信が湧いて来るのです。

理屈ではありません

今私たちに必要なのは、目にみえない力です

それもほんとうの親である守護霊守護神のご加護です。

肉体人間は、肉体人間同士だけでは生きてはいけません

肉体人間は、肉体界の他に幽界、霊界、神界(天国)にも同時に生きているからです。

神界の浄まったエネルギーを守護神から送ってもらわなければ生きていけません

霊界を司っている守護霊の力を借りなければ歩いては行けません

印とは、守護霊守護神としっかりと結びつくメソッドなのです。

印を組み、エネルギーが変わった途端、奇跡が起こります。

マイナスがプラスに転換するからです。

一瞬で、幸せな気持ちになれます(プラスの状況になる)

印を組んでみたい人は下記の著書をおススメします。

「無限なる癒し」 于寿明著 星湖舎

「無限次元への誘い」 于寿明著 星湖舎

「無限なる幸せを体得する方法」 于寿明著 星湖舎

「無限なる勇気」  于寿明著 星湖舎




 

« お酒について | トップページ | 足を鍛えよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56659216

この記事へのトラックバック一覧です: 本来の自分とは:

« お酒について | トップページ | 足を鍛えよう »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ