« コンセントレーション(集中力) | トップページ | 本来の自分とは »

2014年6月29日 (日)

お酒について

 

私がブログの中で 「アルコールは最も危険な薬物」 と書いたのは結構反響を呼んだ

みたいです。

テレビでも宣伝している、居酒屋でみんなが飲んでいる

少し飲むのは 「百薬の長」 と言われている

そして

飲む人は、まったく飲まない人のことを 「人生の半分を損してる」 とまで言う(笑)

そこまで支持されているお酒ですが、お釈迦さまは「絶対に飲んではいけない」

と戒めた

私は、最近お酒を飲む場に同席することがあってその意味がわかったように思うのです。

いつも言っていますように私たちは肉体界の他(他界)に幽界、霊界、神界にも同時に

住んでいます。

幽界とは、生きているうちに悟れずに霊界(綺麗な世界)、神界に行けず、さ迷っている魂

たちがいる世界のことです。

(霊とは神霊(神様)のことであり、よって幽霊といういい方は正確ではありません)

幽界(幽体)は、肉体界(肉体)にくっついています。

人間は、死んでも魂は残るのです。

永遠に生きつづけます

しかし、肉体が無くなると魂(心)も同時に無くなると思っている魂たちは自分が死んだこと

を自覚出来ずに、肉体界に居る肉親や親しい人に取り憑いたりするのです。

感情霊、不良霊とも言います。

悟とは感情の世界(幽界)を超えることを言います、だから感情霊とは霊界、神界に行けな

い未熟な
魂たちなのです。

守護霊守護神は、人間を幽界に行かさないように行かさないように光を送りつづけています。

幽界にどっぷりと浸かってしまうと幽界のおばけちゃんの格好の餌食になるのです。

憑依して感情的になります。

怒りっぽくなります、悲しくなります、急にテンションがハイになります。

お金(勘定)に大雑把になります。

相手に対する気配りがほとんど出来なくなります。

「オレはお酒に飲まれていない」 と豪語している人もやっぱり幽界に行っています。

お酒を飲んだ時点で、もう幽界なんです。

それが証拠に、家に帰って仕事の続きをしようとしても無理です。

気が大きくなって、「どうでもよくなる」 からです。(時間を無駄に過ごしてしまう)

肉体界に居ても、幽界のおばけちゃんに襲われそうになる

なのに自分から理性の利かなくなる世界になぜ行こうとするのか?

私は近い将来お酒を飲む人が激減すると思うのです。

自分の波動が細かくなると(霊化される)とお酒という波動に合わなくなります。

霊界神界の波動は幽界と交わらないからです。

「昔、お酒をいう危険な薬物を人間は飲んでいたそうな」

そう語られるようになる時代も、もうすぐそこに来ているのです。

お酒業界は大打撃を受けると思います。

しかしそれも地球が進化してゆくためのプロセスになるのでしょう

お酒業界だけではありません

これからいろんな業界が消えていきます

これからは精神世界(ほんものの世界)へと移行してゆくのです。

 
  

« コンセントレーション(集中力) | トップページ | 本来の自分とは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56649426

この記事へのトラックバック一覧です: お酒について:

« コンセントレーション(集中力) | トップページ | 本来の自分とは »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ