« 強くイメージしたことが現実を創ってゆく | トップページ | 仕事をうまくやろうとするのであれば守護霊さんに頼もう »

2014年6月11日 (水)

守護霊さんにくっついていれば一週間先も一年先もうまくゆくんです

 

ちょっとタイトルが長くなってしまいましたが、私のブログでは守護霊守護神について

かなりの頻度で書かれています。

それは神さまは信じていなくても、「自分は守られているような気がする」 

「守護霊さまはおられるように思う」 と答えている人が多いからです。

目に見えない守護霊さんを信じるのであれば、その上におられる守護神さんも信じら

れるでしょう(笑)

そして宇宙の神さま(宇宙神)も徐々にイメージ出来るようになると思うのです。

私はなにも神様を信じなさいと言っているわけではありませんが(笑)

信じる信じないで人生がまるで違ってくるので、信じた方がお得ですよと言っているのです。

お得だなんて言うとなんだか安っぽいかなあ(笑)

ただそれに代わる適切な言葉が見つからないのです

どうせ、守護霊さんの存在を信じているのならもっと強く信じてみませんか?

そして

もっと感謝してみませんか?(そうすると守護霊さんが守りやすくなるのです)

ただ、守護霊さんが感謝に値する人?たちなのか?それが問題ですよね

そこで今読んでいる本の文章から守護霊さんがどれほどありがたい存在なのかを

抜粋します。

よかったらお付き合いください。
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間は肉体に生きておりますけれど、一分一秒、短い最小単位の時間でも、守護霊に

守られていないものはないのです。

中に内部の生命があります。 分霊、分け命があって肉体を動かしている。

ところが動いているものは、一秒先のこと、一分先のこと、一日先のことがなんにもわ

からないんです。

わからないで無我夢中で動いているわけでしょう。 霊能的な人以外はわかりません。

わからないけれども、一秒先、一分先、一時間、一週間先のことはみんな決まっている

ことなのです。

もう出来ていることなのです。 それが現われてくる。

現われてくるのを見ぬいてくれるのは何かというと、うしろについている守護霊なんです。

守護霊というのは、先祖の中の悟った霊です。

何百年か前に亡くなった人たちが、霊界で浄められて悟り、自由自在になって子孫の

うしろについて、守っているのです。

その他に二体ついて大体三人ぐらいの守護霊が守っております。

その上に守護神が守っているのです。

そういう風になって一人の人間を守護しています。

その守っているものの通りに動いていれば、一週間先のことも、一年先のこともチャン

とうまくゆくんです。

 
 

       「素直な心」 五井昌久 白光出版





 

 

« 強くイメージしたことが現実を創ってゆく | トップページ | 仕事をうまくやろうとするのであれば守護霊さんに頼もう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56470249

この記事へのトラックバック一覧です: 守護霊さんにくっついていれば一週間先も一年先もうまくゆくんです:

« 強くイメージしたことが現実を創ってゆく | トップページ | 仕事をうまくやろうとするのであれば守護霊さんに頼もう »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ