« コンテンツ(内容)とコンテクスト(背景) | トップページ | 幸せの原点とはなにか? »

2014年6月27日 (金)

子育て四訓

 

子育て四訓


1.乳児はしっかり 肌を離すな

2.幼児は肌を離せ 手を離すな

3.少年は手を離せ 目を離すな

4.青年は目を離せ 心を離すな

  

感想
 

私の一人息子はもう24歳で社会人ですが、時々妻と息子の幼児の頃を

振り返って 「あの頃はかわいかったなあ」 と親バカぶりを発揮しています。

親にとって子どもはいつまでも子どもであり心の片隅ではありますが、しっかりと

生きています。

私は親としては未熟でしたが、なんとか人並みに育ってくれたのは上記の子育てが

自然と出来ていたのではないか?

と思うのです。

乳児の頃は、ヒマさえあればくっついてスキンシップをしていました。

幼児の頃は、手をつないで危険なものから守っていた(本人は嫌がっていましたが)

少年の頃は、何をしていたのかを把握しようとしていました(完全ではありませんが)

そして青年となった今は、大阪を離れて東京に住んでいます。

距離は離れているけれども心が離れることはありません。

それは親だけではなく子もそうだと思うのです。

それは手を抜かずに1.2.3をやってきたからかもしれません

このうちのどれかが欠けていると子どもは寂しさを残したまま成長してしまうと思うのです。

この四訓、素晴らしいですね

短い文章の中に真理が隠されています

ある人が散歩をしていたときにあるお寺の前に掲げられていたのを見たのだそうです。

読んだ人はきっと心が洗われた気持ちになったと思います。

さりげなくこのような教えを示している日本という国は素晴らしい国だと思うのです。

 

 

« コンテンツ(内容)とコンテクスト(背景) | トップページ | 幸せの原点とはなにか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56621934

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て四訓:

« コンテンツ(内容)とコンテクスト(背景) | トップページ | 幸せの原点とはなにか? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ