« アルコールは最も危険な薬物なのだそうです。 | トップページ | 自分は何者でどこから来たのか? »

2014年5月11日 (日)

人は往々にして出来ない理由を探している

  

「人は往々にして、諦める理由、出来ない理由を見つけるのが得意でないかと思います」


(アーやんブログより)・・・・

確かに私たちは、出来ない理由を探すのが得意です(笑)

今の自分のままではいけないとわかっていながらも、自分に対して不満があるにもかかわ

らずそのままにしている、出来ない理由を探している

自分が変化するよりも、不満があるままの状態の方が楽だと思っているからです。

しかし心の奥底の本心がそれではダメだと訴えてくるので、

その訴えの方が、実はもっと苦しいのです(笑)

そしてどうしようもないそのいらだち、じれんまを自分の外に向けようとする

お酒などで誤魔化している人もいます。

また、ある人は他人に対して感情をぶつけることになるのです。

その人は相手に怒っているのではない、ふがいない自分自身に怒っているのです。

人間の精神状態がおかしくなるときとは、健全でなくなるときとは、本心と嘘の自分との格

差があるときです。

奥のほんとうの自分、素晴らしい自分と、そのようになり切れていない自分が波動調整

をはじめる

今、自分という個人を含め、地球人類が不調和な状態にあるのは、守護霊、守護神や

宇宙天使たちによる波動(エネルギー)調整なのです。

調和波動気功法とは、自分自身のエネルギーの調整を行うということなのです。

エネルギーを外に向けるのではなく、自分が本心(宇宙)とつながって、宇宙の素晴らしい

エネルギーと自己エネルギーを交流させる

すると、その素晴らしいエネルギーは、周りや地球上に拡がってゆくのです。

はたの人は、そのエネルギーを浴びて、楽になります。

滝の側に行って、光りのシャワーを浴びた状態になります。

なんだか、スッキリした気分になります(本心に目覚めさせることになる)

それがはたらくということです。

自分に与えられた仕事を感情を振りまきながら、マイナスのエネルギーを撒き散らしなが

らする仕事は、成果があがっていたり、3次元的に目を見張る部分があったとしても

いつかは、行き詰ります、周りとの調和が取れなくなります。

それはほんとうの仕事をしたことにはならないのです。

私たちは、ほんとうの意味の “はたらく” とはどういうことなのか?

エネルギーは外ではなく、自分自身の波動調整に向けられているのか?

自分を常に振り返ってチェックする必要があるのです。

自分自身の波動調整が出来ていれば、すべては調ってきます。

やがて地球人類の波動調整もされていきます。

肉体人間の最終目的とは、自分自身の波動調整なのです。

 

調和波動気功法

http://www.harmony-wave.jp/
 

 

「自分をもっと愛してみよう」
 

不可能はない
 

http://akemi51.blog.fc2.com/blog-entry-29.html#more







 



 

« アルコールは最も危険な薬物なのだそうです。 | トップページ | 自分は何者でどこから来たのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56146554

この記事へのトラックバック一覧です: 人は往々にして出来ない理由を探している:

« アルコールは最も危険な薬物なのだそうです。 | トップページ | 自分は何者でどこから来たのか? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ