« 自分が強く興味を持つものは、なぜか、できる! | トップページ | 人の目を気にして生きていたならば、自分の身が持たない »

2014年5月26日 (月)

ヨーガをする目的とは、心を鎮めてほんとうの自分と出会うこと



難しい文章や、みなさんが聞いたことのない真理をどれだけやさしくわかりやすく

説明するのかが、最近の私に課せられた課題と言っては大げさでしょうか?(笑)

真理ほど奥が深く、また一方でシンプルなものはないのです

これを文章にするのは頭を使って出来るものではないのです

スッキリしていないと書けないのです(理屈ではありません)

前置きはこれくらいにしといて(笑)

私たちは、ほんとうの自分とウソの自分を見分けることができません

できないことはないのですが、そのような習慣がないのです

お釈迦さまやキリストさまは、ほんとうの自分を知っている凄い人?たちです。

このことを悟ると言います。

悟とは、ほんとうの自分(本心)とウソの吾が一体となった姿です。

そしてほんとうの自分だけを肉体に現わした姿なのです。

ほんとうの自分とは、神のことなので

このことを神我一体(しんがいったい)といいます。

人間は本来、神なので神我一体、悟った姿というのは人間が地球に天下ったときには

当たり前の姿だったのです。

神我一体になると、宇宙(神)と一体ということなので宇宙の無限のエネルギーが

際限なく入って来るのです。

そして神の姿を顕わすことが出来るのです。

神(仏)の姿とは、感情(生老病死)を超えて、肉体意識を超えて

宇宙意識になった完璧(パーフェクト)な境地を言います。

この境地になると、幸福感しかないのです。

苦しみや恐怖心、感情が無いのです。

昔の人々は神我一体になりたくて、そのツールとしてヨーガを利用したのです。

お坊さんが悟りの境地に至るために座禅というツールを使っているのと同じです。

そのために共通することは、私たちの頭(肉体)を去来する雑念、感情を鎮めないと

そのような境地には至らないということです。

では、ここからは、あーやんのブログへとバトンタッチします(笑)

難しいかもしれません

今までに聞いたことのない話ばかりかもしれません

しかし、近い将来、人間はみなこのような境地(悟り)に達するのです。

 

ヨーガの語源が暴れる牛馬をくびきという馬具で結ぶという意味から、動き回る心を

統制して一点に結びつけることです。

意識の集中を極限まで深めて、本当の自分というものを体験するものがヨーガの

本質だそうです。(あーやんブログより)

 

「もっと自分を愛してみよう」
 

瞑想ヨーガとは我即神也になること


http://akemi51.blog.fc2.com/blog-entry-42.html#more






 





 

« 自分が強く興味を持つものは、なぜか、できる! | トップページ | 人の目を気にして生きていたならば、自分の身が持たない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56320049

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーガをする目的とは、心を鎮めてほんとうの自分と出会うこと:

« 自分が強く興味を持つものは、なぜか、できる! | トップページ | 人の目を気にして生きていたならば、自分の身が持たない »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ