« これからのソーシャルメディア | トップページ | 希望や目標はなぜ必要なのか?(2014、2、14投稿文) »

2014年5月 6日 (火)

かなりいい話 江頭2時50分

 

ほんとうにおバカなことが出来る人ってある意味凄い!と思うのです。

受けるか受けないかに関係なく、自分の全エネルギーを注いで相手を笑わせようと

する。

人の心をなごませたり、ちょっとした笑顔にさせることって素晴らしいことだと思います。

最初は、江頭さんのことをバカにしていた

全然面白くない、下品だと毛嫌いしていた

しかし、嫌われていることがわかっても江頭さんは、女の子の心に陰りがあるのを見

逃さなかった

その陰りに少しでも光りを当ててやろうと自分を捨てて、女の子に接した・・・・・


私たちはあまりにも多くの人と関わり合おうとして、一人一人をないがしろにしていない

でしょうか?

家族を大切にしているでしょうか?

友だちや学校や会社の人に十分、気を配っているでしょうか?

現実から目をそむけていないでしょうか?


 



江頭がとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた

車椅子の女の子が江頭のロケを見ていた。
 
ロケが終わり、その車...椅子の女の子は江頭に「つまらねーの」とつぶやいた。
 
それを耳にした江頭は当然「お前、もう一度言ってみろと」怒鳴った。
 
車椅子の女の子「だって全然面白くないんだもん」と呟いた。

江頭「なら、お前が笑うまで毎日ここでネタを見せてやろうか」
 
そして、断言どおり毎日仕事の合間にその公園に行っては車椅子の女の子にネタを

見せ続けたのだ。

しかし、車椅子の女の子を笑わせるどころか呆れさせていたのは言うまでもない。
 
1ヶ月が過ぎた時、毎日のように散歩に来ていた車椅子の女の子が突然、来なくなっ

てしまったのだ、次の日も女の子は姿を現さなかった。
 
そして、1週間が過ぎたある日、女の子がふと現れたのだ。
 
江頭はすかさず駆け寄りいつものくだらないネタを見せたのだ、しかし、いつもは全く

笑ってくれない女の子が初めて少し笑ってくれた、江頭は調子に乗り、下ネタを連発し

てやった。
 
当然女の子は「それは最低…」と一言。
 
そして、日も暮れ、 江頭は「また、明日も来るから、ちゃんと待ってろよ」
 
女の子「勝手に来れば!!」
 
次の日、女の子は公園には訪れなかった。
 
江頭は頭にきて隣の病院に行き、車椅子の女の子を探した。
 
そして、担当の看護婦から、女の子が最近から急に容体が悪化していて、今朝他の

病院に運ばれ、昏睡状態だという事を知らされた。
 
そして、看護婦に女の子の日記を渡された。

そこには…「大好きな芸人、江頭」と書かれていた。

10年後 今でも月に一度はその公園に来ては、花を手向け一人でネタを披露するそ

うだ。


俺は江頭ほど純粋な男を知らない。

  


                          

前坂 勇さん






  

« これからのソーシャルメディア | トップページ | 希望や目標はなぜ必要なのか?(2014、2、14投稿文) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/56083801

この記事へのトラックバック一覧です: かなりいい話 江頭2時50分:

« これからのソーシャルメディア | トップページ | 希望や目標はなぜ必要なのか?(2014、2、14投稿文) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ