« いざというときに守護霊さん守護神さんは助けてくださるのです | トップページ | 今、見ている星の光は過去の光なんだ »

2014年4月30日 (水)

自分とのコミュニケーション

 

自分がどうしたらいいのかわからなくなったとき

誰に聞いても答が出ないのは、答は外にあるのではなく

自分の中にあるということです。

人と対話する前に

自分自身と対話をする

・・・・・・・

自分自身はすぐには見つからないけれど

心を鎮めて、下丹田(かたんでん、へそ下3.5センチ)に入っていくと

そこには、光輝いたほんとうの自分がいるのです。

お釈迦さまは、坐禅観法し、気を鎮め、下丹田に意識を集中し

仏(宇宙)と一体となることで悟りの境地に達することを弟子たちに

教えました。

悟りの境地は、お坊さんなどの特別な人たちだけがなればいいのではありません。

悟とは、心に吾(われ)と書きます。

心とは、本心のことです。

本心(ほんとうの自分)と肉体人間の吾(我)が一体にならないと

人間は、ほんとうの人間にはならないのです。

ほんとうの人間とは

神性なる、神なる自分です。

ほんらいの光り輝いたすばらしい自分です。

正しい判断が出来て

思い煩うこともなく

不動心で気持ちが揺らぐこともない

頭で考えなくても、直観ですべてがわかる

感謝の気持ちや愛、そして至福感がつねに溢れてくる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな境地になることが

肉体人間に生れてきた目的なのです。

本来は、神性なる存在だった

地球に来て(天下って)、肉体を纏って

波動が粗くなって(マイナスエネルギーを被って)

本来の姿を忘れてしまった

それを心の内に入ることで

思い出そうとしているのです。

そのきっかけになるのが

心を鎮めて、自分と向き合い

自分とコミュニケーションをとるということです。

ほんとうの自分との対話とは

宇宙との対話です。

ほんとうの自分は宇宙にいるからです。

宗教とは

宇宙を示す教えと書きます。

だからほんとうの宗教とは

宇宙との対話、自分との対話を言っていたのです。

宇宙と対話(共鳴)するにはどうしたらいいか?

それが祈りなのです。

祈りとは、命がのりだすという意味です。

祈りによって宇宙と共鳴し命が躍動し

本来の自分に還ってゆく

世界平和の祈りは、宇宙と直結するのです。

世界平和の祈りは宇宙神の願いごとだから・・・・・・
 

身体の中心にある下丹田は、宇宙のエネルギーと

肉体のエネルギーが交流する場所です。

神聖なる場所なのです。

意識を下丹田に集中して

世界平和の祈りを祈る

するとものすごい無限のプラスのエネルギーが流れるのです。

そして、ほんらいのすばらしい自分へと甦ってゆく
 

今日も、あーやんが自分とのコミュニケーションの大切さを

ブログで語ってくれています。

自分との対話(コミュニケーション)から是非、ほんらいの自分、ほんとうの

自分を見つけてください。

それが唯一 幸せになるためのメソッドなのです。
 

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 
 

「もっと自分を愛してみよう」
 

自分とのコミュニケーション
 

http://akemi51.blog.fc2.com/blog-entry-17.html#more






  

« いざというときに守護霊さん守護神さんは助けてくださるのです | トップページ | 今、見ている星の光は過去の光なんだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55995570

この記事へのトラックバック一覧です: 自分とのコミュニケーション:

« いざというときに守護霊さん守護神さんは助けてくださるのです | トップページ | 今、見ている星の光は過去の光なんだ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ