« ・・・・の為っていうけれどほんとうは自分のためなんだ | トップページ | エネルギーはうそをつかない »

2014年4月23日 (水)

人間がすこやかに生きていくには・・・

 
人間が健全にすこやかに生きていくには

エネルギー(気)を爽やかに流しつづけることが大切です。

そして私たちの周りや地球を取り巻いている汚れたマイナスエネルギー(カルマという)

を綺麗に浄化させていくことも大切です。

個人も人類も同時に浄めるのです。

調和波動気功法では、“流す 外す 消す” を実践しています。

流すとは、自分の中に滞ったエネルギーをサラサラと流していくこと

外すとは、肉体にこびりついたマイナスのエネルギーを動功(気を流すストレッチに似たもの)

で外していくのです。

消すとは、祈り、印によって宇宙の無限のプラスエネルギーを体内に入れ、地球の

中心と横(地球上)に宇宙エネルギー(プラス)を流してカルマを浄化させるのです。



それをどこでやっていくのかというと下丹田(へそ下3.5センチ)です。

下丹田(かたんでん)とは肉体の中心でもあり身体に流れているエネルギーの中心

でもあるのです。

下丹田とは、中心であり、原点であり、素であり、集合点であり、離反してゆくところ

でもあります。

人間のすべての叡智はこの下丹田にあると言っても過言ではありません。

だから物事を考えるのは、肉体の頭にある脳ではなく、ほんとうは下丹田で考える

とよいのです。

下丹田には腹脳、ほんとうの脳があると言われ、へそ下3.5センチに意識を集中して

いると余計なことやマイナスを考えることが無くなり、頭がすっきりしてきます。

お釈迦さまはその状態(境地)を空とおっしゃいました。

人間がもっとも人間らしく、スッキリ爽やかになっている状態です。

また人間が幸せをエネルギーで体得できる唯一の場所が下丹田なのです。
 

下丹田については、ハーモニー(気功仲間)のあーやんがわかりやすくブログに書いて

おられ、私も非常に勉強になっています。

是非、訪問されることをお薦めします。 foot

 

「もっと自分を愛してみよう」  下丹田は心身ともに大事なところ


 
http://akemi51.blog.fc2.com/



 

« ・・・・の為っていうけれどほんとうは自分のためなんだ | トップページ | エネルギーはうそをつかない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55898190

この記事へのトラックバック一覧です: 人間がすこやかに生きていくには・・・:

« ・・・・の為っていうけれどほんとうは自分のためなんだ | トップページ | エネルギーはうそをつかない »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ