« 「平均点」の仕事をしていたら自分も会社も倒れる | トップページ | 把われない生き方 »

2014年3月13日 (木)

必要なものは与えられる


聖書の一節で

「思い煩うな、空飛ぶ鳥を見よ、蒔かず、刈らず、蔵に収めず」

とあるのですが、私たちは

「これからどうなるのだろう?」 と思い煩い

将来のために蔵にお金を蓄えることに必死になっています。

頭の中は、未来のこと、お金のこと、病気になったらどうしよう

など、煩ってもしかたのないことばかりを考えているのです。

いくら考えても、考えた通りにお金が入ってくることはありません。

無理に念力で一時的に入ってきたとしても

自然に入ったもの(神様が与えたもの)でなければ、すぐに手元を離れていくのです。

「仕事がなくなったらどうしよう」

「お金がなくなったらどうしよう」

「病気になったらどうしよう」

これらは人間がコントロール出来る範疇のものではないのです。

だったらすべての想いを神様にお預けして

「直観のままに生きていきたい」

空飛ぶ鳥を見ていたら、そう思うのであります。






必要なものは与えられる

 


神は一人一人の人間の勝手な願いに対して、いちいちその願いを聞き入れたりしないの

である。

神は全智全能であり、人間は神の生みの子なのであるから、神は人間すべてのその時々

の必要な環境事物を、逐一知っておられるのである。

だから特別に一念凝らして願っても、その人にだけ特別願いをかなえられるようなことはな

らない。

神が人間になさって下さることは、人間が真実、心の平安を得、自己の生命が神と一つの

ものであることを確信でき得るようになさることであって、それは祈りによって成就され得る

のである。

その祈りとは、こうしてほしい、ああなりたい、という想念のすべてを、神への感謝の想い

かえてしまうことである。

    

          「日々の祈り」 五井昌久 白光出版




  

 

« 「平均点」の仕事をしていたら自分も会社も倒れる | トップページ | 把われない生き方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55353451

この記事へのトラックバック一覧です: 必要なものは与えられる:

« 「平均点」の仕事をしていたら自分も会社も倒れる | トップページ | 把われない生き方 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ