« なぜ人間は常軌を逸した行動を取ってしまう時があるのだろう? | トップページ | 必要なものは与えられる »

2014年3月12日 (水)

「平均点」の仕事をしていたら自分も会社も倒れる

 
私のブログは、神秘的なことが書かれていたり、精神的なことが書かれていたり

またあるときは、3次元的な仕事のことなどが書かれていたりして

いったいどんなジャンル、カテゴリーで纏まっているのだろう? とみなさんは思って

おられると想像するのであります(笑)。

しかし、精神的(メンタル)なことばかりを考えていては、

「おまんま(ご飯)は食べていけない」 し

食べてゆくための手段(スキル)ばかりを考えていては、

「自分の利益ばかりしか考えていない嫌な奴」

になってしまうのです。

今、世の中はどうなっているのか?

特に仕事を取り巻く環境というのは、瞬々刻々変化しています。

そして厳しくなっています。

今までの甘いやり方では通用しなくなっている

仕事、環境が変化しているのなら、自分も変化していかなければならない

変化に対応するには、改善、創意工夫が必要です。

少しでもいい状態にしようと考え想像(創造)し、実行すること

それが、仕事を面白くしてゆくためのメソッドでもあるし

 “宇宙法則に乗る”  ということでもあります。


     


「平均点」の仕事をしていたら会社が倒れる

 


たとえば、ある営業マンが、自分の担当エリアで新しいお客さんを開拓せず、前任者と同

お客さんを回って同じくらいの注文を取り、「平均点」の仕事を続けていたとすると、必ず

会社の売り上げは下がってくる。

 同業他社や異なる事態のライバル企業が入ってきて、
顧客を奪われるからだ。

 つまり 「平均点」 = 「昨日と同じ成績」 であり、相対的に

見れば徐々に下がって 「落第点」 になっていくわけで、それを取ってるだけの

 「平均的な社員」 は給料が上がる理由がないのである。

仕事をいうのは、自分で見つけて、自分なりのやり方に変えていくものだ。

上司が 「A」 と言ったら、「A+B」 の仕事をこなさなければならない。

Aをやらなかったら上司に文句を言われるから、最初はAの仕事をやらざるを得ない。

だが、Aに加えて自分のやり方で新しくBの仕事を創り、結果を出して初めて価値が出て

くるのだ。

営業マンが担当エリアを持たされた場合であれば、最初のうちは仕事や取引先を覚える

ために前任者のやり方を踏襲しないといけないかもしれない。

だが、その後、仕事の効率を上げて前任者を超えられなかったら、業績が落ちて会社は

傾いてしまうのである。

自分は今、会社に利益をもたらしているのか?

もたらしていないとすれば、どうやって稼げばいいのか?

新たな仕事を提案すべきではないか? そういう問題意識を、一人一人が持たなくては

ならない。


 
 

         「稼ぐ力」 大前研一著 小学館


 

« なぜ人間は常軌を逸した行動を取ってしまう時があるのだろう? | トップページ | 必要なものは与えられる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55341555

この記事へのトラックバック一覧です: 「平均点」の仕事をしていたら自分も会社も倒れる:

« なぜ人間は常軌を逸した行動を取ってしまう時があるのだろう? | トップページ | 必要なものは与えられる »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ