« 人間と動物の違い | トップページ | 良寛さんという偉いお坊さんがおられました »

2014年3月 9日 (日)

五井先生語録

 

人間というのは、

「目に見える世界だけに住んでいるのではない」

「きっとみえない世界にも同時に生きているんだ」

となんとなくは感じているのだと思うのです。

そして、自分の周りにも霊感の強い人だとか、亡くなった人の霊をみる人も何人かはいます。

最近では、「自分はなにか守られているような気がする」

「守護霊さんは存在していると思う」

などという人も増えてきたように感じるのです。

それは、地球の波動が上昇して、4次元に近づいて来ているからだと思うのです。

今朝、五井先生の語録(如是我聞)を読んでいたら、ふと、下記の語録はみなさんに通じると思いました(笑)。

語られたのは、およそ、50年くらい前だと思われます。

真理は、時空を超える

地球人類の夜明け(目覚め)のときは近い!


 



1.人間は五尺何寸などという小さい体ではない。人間は肉体とは違った波動圏の体をもっている。それは幽体であり、霊体であり、神体である。無限に大きい体を持っているのである。しかしそれを多くの人は知らない。


 

2.守護霊さんに守られているのだ、と認識し、守護霊さんに常に感謝して想いを向けている程度に応じて、その人の波動圏は大きくなるのである。

 


3.正しいことを認識できる頭をいい頭という。学校の成績がよいだけでは、いい頭とはいえない。

 

4.仕事が忙しい人ほど、一日に一遍坐ることだ。そして自分をよく見つめることだ。守護霊に守られて生きている自分を認識することである。

 

5.絶対絶命の時、オロオロせず、そこから逃げようともがくな。受けるべきものは受けようと肚をすえよ。そこが人間進化向上するポイントの時だ。

 

6.過去世の徳というものはいつか消える。消えることのない己の魂の光をつよめよ。

 
 



 

« 人間と動物の違い | トップページ | 良寛さんという偉いお坊さんがおられました »

コメント


トラベリング・ライトさん

嬉しいコメントありがとうございます。
五井先生の教えを研究されているのですね
先生を尊敬している私には嬉しい限りです
これからたくさんの人が御教えに触れ、拡まって行けば素晴らしいですね!
トラベリング・ライトさんのご活動、応援させてください

本日初めて、こちらのブログを拝見させていただきました。
バックの冨士山がとてもきれいで、とても癒されました。


1.人間は五尺何寸などという小さい体ではない。人間は肉体とは違った波動圏の体をもっている。それは幽体であり、霊体であり、神体である。無限に大きい体を持っているのである。しかしそれを多くの人は知らない。

この言葉にとても感銘を受けました。

五井先生の言葉は一言一句がとても心に響きますね。
私も五井先生研究会にて五井先生の御教えを研究しているものですが、
こうした言葉がこの世にあること自体、とてもありがたいなと感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55298335

この記事へのトラックバック一覧です: 五井先生語録:

« 人間と動物の違い | トップページ | 良寛さんという偉いお坊さんがおられました »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ