« モチベーションを上げるには 3 | トップページ | 五井先生のお言葉 »

2014年3月30日 (日)

肉体人間なんてあさましいものだよ

 

最近、ブログが書けていなくて申し訳なく思っております(笑)

そもそも日記と言われるものはくせ(習慣)のもので、一旦書かないくせがついてしまうと

また再開するまでにエネルギーが要るのです。

そこで、五井先生のお力をお借りして勢いをつけていきたいと思っております。

さて、今年、東京での就職が決まった息子が今朝ほどまで大阪に帰省をしていまして

せわしなく帰って行きました。

父親である私は、いつもの自分のペースに戻れると内心喜んでいたのですが、母親であ

る妻はそうではなさそうで、自分の分身が離れていく一抹の淋しさがあるようです。

子を想う母親の姿を見ていると

「よくそこまで尽せるなぁ」 と感心するのです。

“母親の愛は海よりも深し” とはよく言ったもので母性本能というのは尽きることがないよ

うです。

だがしかし、愛情を受けている息子は、何をしてもらっても当然の権利のように平然として

おり、
親のありがたさを身に沁みてわかるのはまだ当分先になりそうです。

親が想っているほど、子はわかっていない

それがこの世(肉体界)の常なんですね

子に期待せずに物心両面で自立していくのが子育てが終わった親の “生き方”

なのだと痛感した文章が書かれていました。

私と同年代の方は特に共感していただけるのではないでしょうか
 







五井先生語録

 


母親は子供が大きくなって一人前になったら、自分の老後のためにお金をためなさい。

お金がないお年寄りほどあわれなものはない。

お金を溜めておけば、おばあさんになっても金銭面で面倒をかけず、かえって孫たちにお

小遣いをあげられるようになる。

肉体人間なんて凡夫だ。お金をたくさん持っているおばあさんは、孫でも大事にするもの

だ。

馬鹿にしたりしない。それとも現象の喜怒哀楽を超越できるようになれれば、お金のことな

どどうでもよいんだがネ、中途半ぱの心なら、やはりお金を大事にしなければね。

子供のために苦労して、大学まで卒業させたけれど、母親がその子を思うほど、子供は母

親を思わないものだ。

肉体人間なんてあさましいものだよ。

それでお嫁さんでも迎えてごらん、母親が邪魔にさえ思えてくる。そういう相談を私はよくう

ける。

だからお母さんに、とくに親一人子一人の未亡人などに、子供が一人前になったら、

子供は子供でやっていけるのだから、今度はあなた自身のためにお金をためなさい、

と私はすすめることにしているんだよ。





 

« モチベーションを上げるには 3 | トップページ | 五井先生のお言葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55570019

この記事へのトラックバック一覧です: 肉体人間なんてあさましいものだよ:

« モチベーションを上げるには 3 | トップページ | 五井先生のお言葉 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ