« 世界平和の祈り 2 | トップページ | 人をコントロールしようとするな! »

2014年3月 4日 (火)

世界平和の祈り 3

 

人間の心が、労せず巧まずして一つになる方法、自他の利害を区別せず、自然に自他一体観が確立できる方法、その方法が必要なのです。

それには、各人の利害得失を想う想念を、一度どこかに投げ出させてしまわねばなりません。

それが世界平和の祈りなのです。

私は人間とその生き方については、次のように思っており、実行しております。

━ 人間の真実の姿は、業生(ごうしょう)ではなく、神の分生命(分霊)であって、

常に祖先の悟った霊である守護霊と守護神(天使)によって守られているものである。

この世の中のすべての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤った想念が、

その運命と現われて消えてゆく時に起こる姿である。

いかなる苦悩といえど、現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという

強い信念と

今からよくなるのであるという善念を起こし、どんな困難の中にあっても、自分を赦し、人を

赦し、自分を愛し、人を愛す、

愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくと共に、守護霊、守護神への感謝の心を常に想い、

世界平和の祈りをつづけてゆけば、個人も人類も真の救いを体得できるものである━とこのように想っているのです。

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さん、

守護神さん、有難うございます

こうしたやさしい唱え言の中に、自分たちのあらゆる想念を投げ入れて、その祈りの中から改めて、自分たちの生活をつづけてゆきますと、いつの間にか、個人的な排他的な気持ちが薄れて、世界人類の幸福を願う、人類愛の気持ちが湧きあがってきて、いつとはなく、その個人の人格も完成してゆき、世界平和への個人の最大の行為である、個人生活での調和なしらべが奏でられてゆくのです。

個人の生活が平和になると共に、人類世界の平和達成に大きな役割を果す、世界平和の祈りこそ、現在世界中において最も必要なる善事であろうと思います。

 

 

    「神と人間」 五井昌久  白光出版



 



世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます





 

 

 

 

« 世界平和の祈り 2 | トップページ | 人をコントロールしようとするな! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55226243

この記事へのトラックバック一覧です: 世界平和の祈り 3:

« 世界平和の祈り 2 | トップページ | 人をコントロールしようとするな! »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ