« 人をコントロールしようとするな! | トップページ | 見た目はやはり大切なのです。 »

2014年3月 5日 (水)

当たり前のことが出来る人、組織が生き残ってゆく

 

これから当たり前のことが出来ない企業、サービス、そして個人は淘汰されていきます。

当たり前のことが当たり前に出来ることが

“本モノ” だと言っても過言ではないと思うのです。

逆にいえば、相手の立場になって相手が何を求めているかを考えて、それを実行していれ

ば淘汰されずに残っていけるということです。

当たり前とは、愛だと思うのです。

当たり前のことをする→感動が生まれる→科学反応が起こる→奇跡が起こる

人によって当たり前(思い遣り)の定義は違います。

「当たり前の質」が高まれば高まるほど

人は成長するのだと思います。

 

 


当たり前のことはなぜ難しいのか?
 

商売の本質とは非常にシンプルです。3つあります。


3つの条件
 

1. 当たり前のことを当たり前に実行できる

2.「お金をいただく」 から 「ご贔屓を頂戴する」 へ

3.ヒューマン・ファクターが強みである
 

*ヒューマン・ファクターとは

人間や組織・機械・設備等で構成される システムが、安全かつ経済的に動作・運用できる

ために考慮しなければならない人間側 の要因のこと。



「当たり前のこと」 を実行する

どんなビジネスでも、提供する製品・サービスにおいて、「当たり前のこと」 というエレメン

トは存在します。

ところが、昨今の短気業績志向、株価至上主義の企業経営の現場において、この、「当た

り前のこと」 が 「効率」 の美名のもと、実行されないことが多いのです。

 

たとえば・・・・・。
 

<高級ホテルのレストランで出席をとらない>

オーダーした料理が運ばれてきたとき、「サラダのお客様は」 「オムレツのお客様

は」・・・・・と、ゲストに手を挙げさせる。

これを私は 「出欠スタイル」 と呼んでいますが(笑)、「サービス料」 をとる店でさえ、大

半はこのような情けないサービスぶりになってしまっています。

よって、たまにウェイターが的確に、料理をオーダーした人のテーブルに置くと、まるでマジ

ックを見るように驚いてしまいます。

<椅子の座り心地がいい>

 
ある居酒屋のカウンター席の椅子は、レザー仕立てで、たっぷりと背もたれがあり、最高

の座り心地です。

カウンター席の椅子は、ややもすると堅くて高くて、長く座っていると腰が疲れてしまうこと

が多いのですが、ゆったり料理を楽しんでください」 という配慮から、このような素晴らし

い椅子を置くようにした、と店長さんの話です。
 
 

<ゲストの顔と名前と好みを覚えている>

  
お客さんの顔と名前と好みを覚える、ということは、商人なら当たり前のことなのですが、

現代では、絶滅の危機に瀕した商習慣になってしまいました。

ITが導入され、「武器」は強化されいるはずなのに、まるで反比例するかのようにヒューマ

ン・ファクターが弱体化してしまっています。

先の出欠方式と同じく、担当者の 「あと一ミリの工夫」 で解決できる問題ばかりです。


 

お金からご贔屓へ

「高品質」 とは特別なことをしたり、無理に付加価値をつけて ゼロの1桁、2桁違う値付

けをするのではなく、「通常の価格で、一生の顧客を得る」 ためにはどうすればいいかに

知恵を絞るべきです。

知恵を絞るときに、人は成長します。

「お金からご贔屓へ」 の意味は、ここにあります。

商売人がお客さんからいただくべき最大の資産は、お金ではなく、「ありがとう、また来る

よ。 友人にも勧めておくね」 というご贔屓なのですから。

 

  当たり前のことが「 ご贔屓につながる。
 

  「ビジネスチャンスに気づく人の57の法則」 阪本 啓一 日経ビジネス文庫

 

« 人をコントロールしようとするな! | トップページ | 見た目はやはり大切なのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55243670

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前のことが出来る人、組織が生き残ってゆく:

« 人をコントロールしようとするな! | トップページ | 見た目はやはり大切なのです。 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ