« 従来の仕事がなくなるのなら自分で創っていけばいい! | トップページ | 世界平和の祈り 2 »

2014年3月 3日 (月)

世界平和の祈り 1

 

最近、3次元的な仕事のこと、成功哲学や人間関係のことなどを書いていますが、

私が本当に伝えて
いきたいことは、世界平和の祈りの素晴らしさを訴求してゆくことなのです。

世界平和の祈り以外のことも書いてはいますが、

最後は

「やっぱりなんだかんだと言っても祈りしかないんだな」

とみなさんに思って頂き、祈り、印に結びつけてゆくことが目的です。

日々日常生活を送っていると、様々なエネルギーに流されて

祈りを忘れてしまいそうになります。

すると、私の場合は、心がモヤモヤ気持ち悪くなってゆくのです。

 “歌を忘れた カナリア” 状態でしょうか(笑)

そして、改めて私の原点である、世界平和の祈りの目的、理念を読んでいくと

個人も人類も救われて、幸せになってゆくのは

「これしかない」 と再認識させてくれるのです。

最近、短い文章で勝負?しています。

いくらいい文章でも長くなってしまったら、今どきの人は、読んでくれないからです(笑)

ツイッター(140字以内)が受け入れられるのはそのためだと思います。

目も疲れるし、早く結論を知りたい、必要な箇所だけをチョイスしたいと思っているからです。

しかし、今回は少し長編です。

よかったらお付き合いください。

ここには、とても大切なことが書かれています。
 

 
 

世界平和の祈り


 

地球世界の人類は、今いったい幸福なのでしょうか不幸なのでしょうか。

こういう問を出された大半の人は、地球世界は今不幸な状態です、と答られることでしょう。

何故地球人類は不幸なのでしょう。 

それはこの世が争いの想いに充ち、
不調和、不完全な状態にあるからです。

地球は今では全く狭くなって、米ソ、西欧諸国の政治政策はすぐさまアジア、アフリカ諸国にその影響を及ぼし、アジア、アフリカ諸国の出来事は、直ちに西欧や米ソに反響を与えます。

今日の個人の生活は、それがどうしても個人だけに止まっていることができず、

国家や人類の動向に必然的に影響されてゆくのです。

ですから、今日の個人には単に個人としての生活はなく、個人の生活の浮き沈みは、国家や人類の動きに左右されざるを得ないのです。

いかに有能な個人がただ単独でどのような働きをしたとしても、それで国家や人類が幸福になるということはできないので、国家や人類全体が、争いの想念や不調和、不完全の環境からぬけ出さないことには、個人個人の真実の幸福はあり得ない、ということになってきます。

今日の世界状勢は、どの国家間の状態を見ても、大戦争へのきざしを含んだ、不調和な

無気味な雰囲気をもっています。

ただ、いまだその雰囲気に火がつけられていない、ということにすぎません。

いつ戦争が起こるかわからない。 いつ天変地異があるかわからない。

そういう地球世界の雰囲気の中で、真実の幸福生活をつかんでゆくことは、なかなか大変なことです。

この世における個人の幸福は、どうしても世界人類の幸福と結びつかなければ生まれ出ないものなら、いっそこの際、個人と人類というものを一つに考えてみて、そういう観点から一切の行動をしていったらどうであろう、と私はこう考えたのです。

そこから、私の提唱している世界平和の祈りが生まれ出たのです。



 

    「神と人間」 五井昌久 白光出版

 


                 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます








 

 

« 従来の仕事がなくなるのなら自分で創っていけばいい! | トップページ | 世界平和の祈り 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55225609

この記事へのトラックバック一覧です: 世界平和の祈り 1:

« 従来の仕事がなくなるのなら自分で創っていけばいい! | トップページ | 世界平和の祈り 2 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ