« より多くを得るために、より多くを与えよ | トップページ | 現われた現象のとらえかたで 幸、不幸が決まる »

2014年2月21日 (金)

永遠に変わらぬものを求めつづけていく生き方こそが尊い


 
世の中には、人より目立とうという人、人より抜きん出て先頭に立とうとする人が案外多い。

こういった人達に対して、何らかの嫉妬心や羨望の眼で見ている人達もまた案外多い。

人を羨ましがる必要は毛頭ない。

あえて世の先頭に立とうとする人達は、我々が想像も及ばない程の激務と多忙さに追われている。

その間に我々は自らの内なる精神、才能をじっくり磨きあげることが出来

「本当の価値あるものとは何か」

がはっきりわかってくる。

永遠に変わらないものをもとめつづけていく生き方こそ尊い。

 

   「日々の指針」西園寺昌美 白光出版





 
感想

 多忙であったり、激務であったりすることが自らの天命、ミッションをまっとうすることであれば

それもまた善しかもしれないが、

その目的がお金や地位や名誉を得ることであったのなら

後になって後悔することになるのです。

激務で体を壊したり、家庭が不和になったり、欲望丸出しで人間関係がぎくしゃくしたり

心の平安が保たれなくなったとしたら

その人の本心はきっと喜んでいないのだと思うのです。

本心というのは、本当の自分の心

魂が求めていることです。

私たち人間は、本心が求めていることと違うことをしてしまうと

もの凄くモヤモヤするのです。 落ち着かないのです。

それは、本心が

「違う違うそうじゃないんだ」 と叫んでいるからです。

それを気づかせるために本心と一体になっている守護霊守護神はあらゆる手段を使ってきます。

病気にしたり、リストラに遭わせたり、事故を起こさせたり・・・・・・

なんでそんなひどい目にあわさせるのか?

守護霊守護神は魂の子供や孫である人間を守るためにいるのではないのか?

それは、そうでもしないと本人が気づかないからです。

そんな生き方でいいと思わせてしまうからです。

守護霊守護神も本当はそんなことをしたいわけではない

早く気づいてほしい

早く心を内に向けてほしい

愛のムチなのです。

本心に出逢うには

心を鎮めて本心のある天界(宇宙)に波長を合わなさければなりません。

そのために、世界平和の祈りがあるのです。

世界平和に限らず祈りとは本来

本心に波長をあわせるメソッドなのです。
 


 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

 

 

 

« より多くを得るために、より多くを与えよ | トップページ | 現われた現象のとらえかたで 幸、不幸が決まる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55081453

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠に変わらぬものを求めつづけていく生き方こそが尊い:

« より多くを得るために、より多くを与えよ | トップページ | 現われた現象のとらえかたで 幸、不幸が決まる »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ