« すべての人は愛を求めている | トップページ | 学生時代の勉強の成績は世の中に出ると関係ない »

2014年2月 5日 (水)

外部からの援助は人間を弱くする

 
外部からの援助は人間を弱くする。自らの手で自らのを励まし、何事にも屈することなく、勇気づけようとする精神こそ尊いものである。

人の為によかれと思って援助の手を差しのべる時は、余程の読みが必要である。

相手の自立の気持ちを失わせるようであっては、かえって援助がマイナスとなって働いてしまうからである。

人生は自分の手によってしか開かれないものである、ということをよく知ることである。

 

     「日々の指針」 西園寺昌美  白光出版




 

感想

 

 
人間は、人の手を借りずに試練を乗り越えてゆくのが最高の道なのであって、乗り越えようとしている時に手を貸してしまうというのは、優しさでも愛でもなく

その人の自立を妨げてしまう、大変な罪?をつくってしまうのです。

私たちは、優しい愛と、峻厳な愛があることを知らねばなりません。

例えば、子どもがかわいいからと心配だからといって、援助ばかりをしていては自分がいなくなったときに一人で生きていけなくなるのです。

そして自立が出来なければ、家族を持つことも出来なくなる

人によい影響を与えて、人類の進歩にも貢献できなくなるのです。

そして天命(天からの使命)をまっとうすることも難しくなる

これでは自分がしてきた愛の行為?が台無しになるのです。

自分が善かれと思ってやっている行為が人の魂を成長させるものか、あるいは妨げるものなのか?

ジャッジをする必要があるのです。



 

 

« すべての人は愛を求めている | トップページ | 学生時代の勉強の成績は世の中に出ると関係ない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54874938

この記事へのトラックバック一覧です: 外部からの援助は人間を弱くする:

« すべての人は愛を求めている | トップページ | 学生時代の勉強の成績は世の中に出ると関係ない »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ