« 好きになる努力をするといつの間にかその通りになるのです。 | トップページ | 何かをいただいたときは素直に喜びを表わしましょう »

2014年2月14日 (金)

成功する起業家に共通する“使命感”

 

自己中心的で、まるでこの世は自分を中心に廻っているかのように振舞う人が多い。

しかし、物心両面で豊かな人生を送りたいと願うなら、自己中心的な生き方をあらためなければならない。

偉大な建築家のバックミンスター・フラーはこう言っている。

「私たちの人生の目的は、現在、そして未来の世代の人々のために新たな貢献をすることである」

誰もが何か一つは特別な才能をもって、この世に生れてくる。

こうした才能は、他者のために使うようにと、神から与えられたものである。

一番幸福な人とは、自分の才能を最大限に活用している人だ。

人生の目的は、自分の才能を生かして、なるべく多くの人を助け、よい影響を与えることなのだ。

起業家の定義を知っているだろうか。

私は 「他人の問題を解決してあげて利益を得る人」 と定義している。
 

 

  「ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人」 ハーブ・エッカー著 本田健訳解説





 
感想


 

私はこの本を読んでお金持ちや起業家に対する概念が変わりました。

人のため世のために自分の才能を惜しげもなく使い果そうとした人が

お金持ちや起業家になったわけであり、

お金持ちになるために起業したわけではないのです。

もちろんそんな人ばかりではないと思います。

野心を持った強欲な金持ちもいます。

しかし、お金には何の罪もないのです。

要は、お金を得た後の使い道にあると思うのです。

得たお金が宇宙が喜ぶような使われ方をしたのなら、

人の魂が向上するようなことに使われたのなら、

その人の下(もと)には又お金が回ってやってくると思うのです。

お金が喜ぶということは宇宙が喜ぶということ

昔から言われている

“金は天下の廻りもの”

とはそういう意味だと思うのです。




 

 

« 好きになる努力をするといつの間にかその通りになるのです。 | トップページ | 何かをいただいたときは素直に喜びを表わしましょう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54995669

この記事へのトラックバック一覧です: 成功する起業家に共通する“使命感”:

« 好きになる努力をするといつの間にかその通りになるのです。 | トップページ | 何かをいただいたときは素直に喜びを表わしましょう »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ