« 出来うる限り明るく陽気に振る舞いなさい | トップページ | 人間には無限の可能性が秘められている »

2014年2月13日 (木)

心に描いた通りになるのは 「宇宙の法則」 なのです。

 

人生は心に描いたとおりになる、強く思ったことが現象となって現われてくる━まずはこの 「宇宙の法則」 をしっかりと心に刻みつけてほしいのです。

人によっては、このようなオカルトの類(たぐい)と断じて受け入れないかもしれません。

しかし、これは私がこれまでの人生で数々の体験から確信するに至った絶対法則なのです。

すなわち、よい思いを描く人にはよい人生が開けてくる。

悪い思いをもっていれば人生はうまくいかなくなる。

そのような法則がこの宇宙には働いているのです。

思ったことがすぐに結果に出るわけではないので、わかりづらいかもしれませんが、20年や30年といった長いスパンで見ていくと、たいていの人の人生は、その人自身が思い描いたとおりになっているものです。

ですから、まずは純粋できれいな心をもつことが、人間としての生き方を考えるうえで大前提となります。

なぜなら、よい心 ━ とくに 「世のため、人のため」 という思い ━ は、宇宙が本来もっている 「意志」 であると考えられるからです。

宇宙には、すべてをよくしていこう、進化発展させていこうという力の流れが存在しています。

それは宇宙の意志といってもよいものです。

この宇宙の意志が生み出す流れにうまく乗れれば、人生に成功と繁栄がもたらすことができる。

この流れからはずれてしまうと没落と衰退が待っているのです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

     「生き方」 稲盛和夫 サンマーク出版


 

真理とは、宇宙の法則とは、何も難しいことはなくて、心の中のものが外に現われるということです。

だから私たちは心の中を綺麗にしておくことがなによりもなによりも大切です。

しかし、無意識で無防備でいるといつの間にか悪い心が潜在意識(昔の心)と周りの人のマイナス想念エネルギーが内と外から攻めて来るのです。

これを仏教では業といい、カルマともいいます。

人間はこの業、カルマがあるために純粋に真っ直ぐに生きられなくなるのです。

「あんなこと言おうと思っていないのに、つい言ってしまった」

「こんなこと想っちゃいけないと思っているのに想ってしまう」

「考え過ぎてはいけないと思いながらもつい余計なことを考えてしまう」

人間とはこうも不自由な生きものだったのかと嫌になるのです。

神様は人間を苦しめようとはなさっていないはずです。

しかし私たちは生きていくことが苦しいのです。

稲盛さんのおっしゃることは、その通り! 

・・・・・・

ですが、その通りにいかないのも事実なのです。

「肉体人間なんてバカでどうしようもないんだ」

そこから神様の存在意義が始まるのです。

「肉体人間は完璧だから神なんていらないんだ」

という人はもう少し先で、神様を求めるのだと思うのです。

「グッドムーンはどっちなんだ」 って?

もちろん

「肉体人間は大馬鹿者だ!」 の説なのです(笑)

だけど人間の心の奥には、素晴らしい神性があり、光り輝いているんだということを付け加えておきたいと思います。

 

« 出来うる限り明るく陽気に振る舞いなさい | トップページ | 人間には無限の可能性が秘められている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54980305

この記事へのトラックバック一覧です: 心に描いた通りになるのは 「宇宙の法則」 なのです。:

« 出来うる限り明るく陽気に振る舞いなさい | トップページ | 人間には無限の可能性が秘められている »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ