« 宇宙の言霊を唱えるといつの間にか明るくなっている 2 | トップページ | 大切な人にはお金を貸してはいけない 2 »

2014年2月25日 (火)

大切な人にはお金を貸してはいけない 1

 
 
大切な人にはお金を貸してはいけない


 

親しい人や身内から借金を申し込まれることがあります。

このような場合の考え方も、一人さんは教えてくれています。

私の母も、以前、友人から会社が倒産しそうだと、300万円の借金を申し込まれたことが

あったそうです。

まだ 「まるかん」 の仕事を始める前のことで、300万円はとんでもない大金でした。

どうしようかと迷って、一人さんに相談したところ、こう教えてもらったのです。

「友だちとしてどうしても貸してあげたいという気持ちがあるのなら、貸すのではなく、

もう返ってこない、あげるんだという気持ちで出してあげな。

だけど、本当は自分のことをよく見なければいけないんだよ。 借金を申し込まれると

いうことは、自分の運勢が落ちているからなんだ。

きっぱりと 『今は貸せません』 と言ってあげるほうが、その人のためでもあるし、

自分のためでもあるんだよ」

必死で借金を申し込みに来る人を前にすると、

「断ったら、この人は後で首をつるんじゃないか」 と思ってしまいます。

そう思えば貸してあげたくなりますが、そんなときには、「貸す」 のではなく

その人に 「上げる」 つもりでお金を出すしかないということです。

結局、このときはその人にあげるつもりで300万円を貸したのですが、幸いにして期日には

お金は返ってきました。

これ以降、母は一人さんの教えどおり、借金の申し込みは全て断るようにしています。

私たちは一人さんから、

「本当に大切な人から借金を申し込まれたら、絶対に貸してはいけない」

と言われています。


 



 
 「斎藤一人の百戦百勝」 小俣貫太著 東洋経済新聞社








 
 

« 宇宙の言霊を唱えるといつの間にか明るくなっている 2 | トップページ | 大切な人にはお金を貸してはいけない 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55131810

この記事へのトラックバック一覧です: 大切な人にはお金を貸してはいけない 1:

« 宇宙の言霊を唱えるといつの間にか明るくなっている 2 | トップページ | 大切な人にはお金を貸してはいけない 2 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ