« 成功する起業家に共通する“使命感” | トップページ | 目は1分でよくなる! »

2014年2月14日 (金)

何かをいただいたときは素直に喜びを表わしましょう

 


受け取り上手になるにはどうしたらいいだろう。

一つは、ほんの雀の涙であろうと、とにかくお金をもらった時は、「これでもか」 というぐらいに喜びを表現すること。

おかしなもので、文無しだった頃の私は、道に1セント玉が落ちていても拾う気にもならなかった。

ところが、お金に不自由しなくなった今は、1セント玉はもちろん、光るものを拾っただけでも大喜びをしてしまう。

そして自分の運のよさに感激し

「すごいぞ、私は金を引きつける磁石だ。ありがたや、ありがたや」 と叫ぶのである。

富を手に入れたいと思うなら、選り好みせずに何でも受け取る姿勢を持ち、受け取ったものを大切にすることだ。

宇宙は空虚な空間を嫌うため、容量を大きくすると、それに見合ったものが入ってくる。

だから、来るものは拒まずという姿勢でいると、人生はより豊かなものになる。

受け取るのが下手な人は、受け取る対象が何であっても、やはり下手である。

裏を返せば、受け取るのがうまくなれば、宇宙が与えてくれるあらゆるものを受け取り、

人生を豊かなものにできる。

ただ一つ、忘れてならないのは、何かを与えられた時は、感謝の気持ちを忘れないことである。

 
 

 「ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人 ハーブ・エッカー著 本田健訳・解説

 
 

感想

 

今日2月14日はバレンタインデーで、私も恥ずかしながら4つほどいただきました。(もちろん義理チョコですが)

そのときに私がどんな顔をしていたかというと、嬉しいのは嬉しいのですが、照れくささが先に出て、あっさりと受け取ってしまったと思うのです。

そのときに満面の笑みを浮かべ

「ありがとう!凄く嬉しいです」 と言ったとしたら

「そんなに喜んでくれるのなら、来年もあげよう」 と思ってくれると思うのです。

喜び上手は、きっと幸運を呼び込むのです。

そして反省を込めて妻を含めた4人の人に

「ありがとう、美味しかったです」  とメールを打ちました。

横に居た妻が

「なんでメールやねん、口で言いなさい」 と呆れていました。

子供の頃は飴玉一つもらったり、道端で拾った10円玉で大喜びをしていました。

「あの頃の気持ちを無くしていたなぁ」 と反省したのです。

小さなことでも喜んで感謝できる気持ち

大切なことだと思います。







 
 

 

« 成功する起業家に共通する“使命感” | トップページ | 目は1分でよくなる! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54997238

この記事へのトラックバック一覧です: 何かをいただいたときは素直に喜びを表わしましょう:

« 成功する起業家に共通する“使命感” | トップページ | 目は1分でよくなる! »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ