« 一人の力で生きているのではない | トップページ | 決断力をつけるには、どうしたらいいですか? »

2014年2月 2日 (日)

物々交換の時代がやってくる

 

ゲラーさん(ユダヤ人大富豪)の夢は何ですか?
 
 

「私には、大きな夢がある。それは、人類すべてが、好きなことをやっていて、お互いに尊重して、楽しんでいる将来の地球の姿だ。 そこでは、人はみんな朝起きると好きなことをやっている。

自分の好きなことがパンを焼くことなら、パンを焼き、歌を歌いたいなら、歌を歌う。

お金などまったくない世界だ。

歌を歌う人がおなかが空けば、パン屋の友人のところに行く。

そこで彼はいそいそとパンを焼いている。

彼に 『サンキュー! いいパンが焼けたね』 と言い、一つもらっていく。

地球の資源がうまく分配され、みんな好きなことをやっている。 そこには我慢したり、競争したり、お互いに意地悪したりする余地がない。

みんなが幸せに暮らしているからだ。

自分らしく楽しい毎日を送り、家族、友人とゆったりした時間を過ごしている。 そんな世界だ」

 

      図解 「ユダヤ人大富豪の教え」 本田健 大和書房




感想

 人は必ずどんな人でも他の人にはない特別な能力(可能性)を持っています。

そしてその能力は自分も人も幸せにすることが出来るのです。

人は、その能力を使っているときが至福のときで、ある人はパンを焼くことであり、歌を歌うことが好きな人は歌っているときが一番輝いているのです。

好きなことをすると魂が喜ぶのです。

近い将来物々交換の時代がやって来るというのは

パン屋さんで、歌を歌うことが好きな人がコンサートをしているのです。

ミニコンサート会場になったパン屋さんには、パンを買いたい人と歌を聴きたい人がやってきます。

パンを買いに来た人は美味しいパンが手に入っただけでなく、素敵な歌声を生で聴けたのです。

相乗効果があって、パンはいつもの3倍売れました。

喜んだパン屋さんは、お礼にたくさんのパンを歌い手に渡しました。
 

お礼(感謝)のエネルギーがお金から物に代わることが未来の地球の姿なのです。
  
物とは、目に見えない自分の才能、能力、叡智、愛、光、思い遣り、心を込めて作った自分の作品など・・・プラスのエネルギーのことです。

  

« 一人の力で生きているのではない | トップページ | 決断力をつけるには、どうしたらいいですか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54832423

この記事へのトラックバック一覧です: 物々交換の時代がやってくる:

« 一人の力で生きているのではない | トップページ | 決断力をつけるには、どうしたらいいですか? »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ