« ただひたすら心を一つの目標に集中させる(果因説) | トップページ | 千里の道も一歩から »

2014年2月24日 (月)

希望や目標はなぜ必要なのか?

 
 
落ちこんでいる人間を再生させる力は、希望以外何ものもない。

希望こそ人生最大の生きる力である。

希望の持てない人間は、人生の歩みを捨てたといっても過言ではない。

それほど人間にとって切り離せない大きな存在である。

いかなる人間、いかなる人生においても、希望は常にその人の未来に光明をふりそそぐ。

それを自分のものにするか否かは、自分自身の手に握られている。

人生のいかなる時にも、希望を失わず、希望を持ち、希望を抱きつづけてゆくべきである。

 

    「日々の指針」 西園寺昌美  白光出版

 

なぜ、希望や目標を持たなければならないのか?

私も随分と考えましたが(笑) 理屈ではないのです。

希望がないとどうやって歩いて行けばいいのかがわからない

道標(みちしるべ・ベクトル)がないからです。

希望がないと集中できない、集中できないと何ごとも止まったまま

中途半端な状態で停滞してしまう

宇宙の法則で、停滞や後退は許されないから

別のカタチで宇宙は進化させようとする、気づきという進化です。

それが、リストラであったり、貧困であったり、病気であったりするのです。

つまりマイナスではなく、プラスが希望ではなく別のカタチで現われたのです。

人間が希望や目標に向って真っ直ぐに進んでいるときは

なぜか病気をしないのです(笑)

お金にも困らないのです。

不調和な困ることなど起こらないのです。

それは宇宙法則に乗っているからです。

宇宙はパーフェクト(完璧)なので、法則の道をさえぎる都合の悪い現象は一切現われません。

つまり希望や目標を持つとは、宇宙法則に乗るということです。

私たちは、大宇宙から生まれた小宇宙

自分の中に宇宙がある

そう思うとグローバルな視野(神の目)で生きてゆくことができます。
 
 

世界人類が平和でありますように





 



 

 

« ただひたすら心を一つの目標に集中させる(果因説) | トップページ | 千里の道も一歩から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/55116782

この記事へのトラックバック一覧です: 希望や目標はなぜ必要なのか?:

« ただひたすら心を一つの目標に集中させる(果因説) | トップページ | 千里の道も一歩から »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ