« 相手の神性を信じると必ず鏡となって現われる | トップページ | 好きだ嫌いだで物ごとを決めてよいのです。 »

2014年2月 6日 (木)

自分が恐れていることとは、一番やりたいことなのだ

 

恐怖心をなくすにはどうしたらよいか。 アメリカの詩人エマーソンはこう答えている。

「あなたが一番恐れていることをしなさい」 と。 確かにズバリそのもので、逃げたり避けたりしていたのでは、いつまでたってもその恐怖心をこえることは出来ない。

勇気をもって突き進んでゆくのである。 すると思ったよりも、ずっと軽くすんでしまうものである。

         「日々の指針」 西園寺昌美 白光出版

 
 

一番恐れていることとは、案外自分が一番やりたいことなのかもしれない。

好きなことだけに、「もし失敗したらどうしよう」 「立ち直れないかもしれない」

と慎重になってしまう。

もう少し自信をつけて、準備を万端にしてから挑戦しようと思ってしまう。

やってしまえばいいのだ、やっているうちにどうしたらいいのか?なんていくらでも直観で浮かんで来る。

いや、同時進行でないといい知恵なんて湧いて来ないのだ

神様は、「魂が喜ぶことをしなさい」 とおっしゃっている。

だから誰に遠慮することもいらない、恐れることもいらない

「好きなことをやって失敗するはずがない」 と強く信じることである。

 

  

« 相手の神性を信じると必ず鏡となって現われる | トップページ | 好きだ嫌いだで物ごとを決めてよいのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54878582

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が恐れていることとは、一番やりたいことなのだ:

« 相手の神性を信じると必ず鏡となって現われる | トップページ | 好きだ嫌いだで物ごとを決めてよいのです。 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ