« 調和波動気功法 | トップページ | 亡くなったお祖父さんお祖母さんが守護霊なのです。 »

2014年1月 6日 (月)

なぜ?を追求すると答が出てくる

   


  なぜ

 

こどもの心は素直である。

だからわからぬことがあればすぐに問う。

“なぜ、なぜ” と。

こどもは一生懸命である。 熱心である。 だから与えられた答を、自分でも懸命に考える。

考えて納得ゆかなければ、どこでも問い返す。

“なぜ、なぜ” と。

こどもの心には私心がない。 とらわれがない。 いいものはいいし、わるいものはわるい。

だから思わぬものごとの本質をつくことがしばしばある。

こどもはこうして成長する。

“なぜ” と問うて、それを教えられて、その教えを率直に自分で考えて、さらに “なぜ” と問い返して、そして日一日と成長してゆくのである。

大人もまた同じである。 日に新たであるためには、いつも “なぜ” と問わねばならぬ。

そしてその答を、自分でも考え、また他にも教えを求める。

素直で私心なく、熱心で一生懸命ならば、“なぜ” と問うタネは随所にある。

それを見失って、今日は昨日のごとく、明日も今日のごとく、十年一日の如き形式に堕したとき、その人の進歩は止まる。

社会の進歩も止まる。

繁栄は 、“なぜ” と問うところから生まれてくるのである。



       

      「運命をひらく」 松下幸之助 PHP

 
 

私たち大人は、“なぜ” を追求しなくなったのです。

「今の仕事を辞めたい」

と思う

「仕事が嫌だ」

と感じる

しかし  “なぜ、なぜ” と深く考えない

そしてすぐに どうする? どうすればいい? に飛んでしまうのです。

どんな仕事だったら自分に合っているのか?

今は何をすれば儲かるのか?

自分はどんなことが好きなのか? 好きなことを仕事に出来るのか?


どうする?を考えてもいいのだけれどそれは

“なぜ、なぜ、なぜ” と何回も問い返した後なのです。

なぜならば

辞めたいと思っているだけ、嫌だと感じているだけでは

頭の中でボヤッと漠然としているだけだからです。

頭の中に霧がかかっている状態・・・・・

カタチになっていない 

考える一歩手前の状態なのです。

霧の奥に何があるのかを明確にしないと次の一手は現われてこないのです。

なぜ? なぜ? なぜ? なぜ?なぜ? なぜ? なぜ? なぜ?

ノルマに縛られるのが嫌だから

今の仕事に情熱が湧かないから

人間関係に疲れたから

女性(男性)ばかりの職場が嫌だから

時間が不規則で体調を崩しやすいから

人(お客さん)を騙すようなことはしたくないから

給料が安くて、余裕がないから

長く勤めて、ここでの役割り(やること)は終わったと感じているから

いろんな人ともっと交わりたいから

休み(有給休暇)が取りづらいから

会社の将来に不安あるから

他のことをしてみたいような気がするから

・・・・・・・・・・・・・・

これらのことは頭でグルグル廻っていて

なんとなく 辞めたい

なんとなく 嫌だ

になっている

しかしなぜ?なのかは紙に書き出してみないとわかっているようでわかっていないのです。

そしてなぜ?を徹底して客観的に観てみると

どうする? どうしたい? どうすればいい?

という答は、自然と浮かび上がってくるのです。

土台、基礎(なぜ?)がしっかりわかっていないと

その上の建造物はグラつくのです。(だからどうする?が弱くなってしまう)


基礎工事がしっかりと出来ていないビルに高層ビルを建てるようなものです。

子どもはこの 

“なぜ?” を徹底的に追及しているから

スッキリしているのです。

“なぜ?” をぶつけているから 吐き出しているから

エネルギーが活き活きと動いているのです。

なのに 私たちは

なぜ? を追求せずに

すぐに答を探す

焦っているのです。

時間をかけていいのだと思います。

少なくとも

なぜ? を出し切った後で

ゆっくりと考えればいい

そう思います。





 
    おススメ図書  「スマートノート」 岡田斗司夫著 文藝春秋




 




 

 

 

« 調和波動気功法 | トップページ | 亡くなったお祖父さんお祖母さんが守護霊なのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54509716

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ?を追求すると答が出てくる:

« 調和波動気功法 | トップページ | 亡くなったお祖父さんお祖母さんが守護霊なのです。 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ