« 反省は少な目に | トップページ | どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 1 »

2014年1月27日 (月)

調和波動気功法トレーニング 4

  

気功とは何ですか?

幽気、霊気、神気の気の働きであり、神様の働きである。

日本語の 「気を付けて」 は英語で 「Good bye」 = 「God by you」 であり

スペイン語で 「Adio’s」 の dio’s は神の神の意味である。 

「気」 とは神の意味である。 
 



調和波動気功法と他の気功との違いは?

調和波動気功法は神気であり、真理の気、宇宙根源の気である。




上記の文章は 無限なる癒し・無限次元への誘い・無限なる幸せを体得する方法・無限なる勇気 于寿明 星湖舎に掲載されています。

気功とは気(エネルギー)の働きのことであり

気とは神様のことだったのですね。

つまり神様の働きのことを気功というのです。

 

1.本の中で丹田(たんでん)奥深く 光り輝け(P28)とあります、これはどういうことかと申しますと

宇宙からのプラスのエネルギーを横に流して真理そのものである十字架になるためには下丹田(へそ下 3.5センチ)から後ろ(背中側)に意識を引いていくことが必要なのです。


宇宙からのエネルギーは頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)に入り、体の60兆の細胞にエネルギーを与え、そして地球の中心へと流れていくことは前回に述べました。

そして体の中心である下丹田(へそ下3.5センチ)に意識を置き、次は下丹田から意識を後ろ(背中側)に奥深く引いていくのです、イメージするのです。

そして30センチほど引いた後ろに天地につながった細い光の糸をイメージしてください。(30センチがイメージ出来たら1メートル10メートル30メートルと深く距離を伸ばしてやって、みてください)

実はそこにも神様はおられるのです。(神様はあらゆるところにおられるのが正解なのですが)

そして神様と宇宙のエネルギーが合体したら、そのエネルギーは前へ向かうのです。

天から縦に ↓ エネルギーが流れる

下丹田で止める ・

そのエネルギーを後ろに引く → 

神と一体となったエネルギーは前へ出る ← 

エネルギーは綺麗に交差するのです。 十

これで初めてプラスのエネルギーになる

プラスのエネルギーと十字架は同じ意味だったんですね。

そして

奥深く入るとはどういうことなのか? 

私は自分が謙虚になって無になって前へ出ることをせず、出しゃばらず、神さまに働いていただく器になることだと思っています。

これは私の勝手な解釈ですが、間違ってはいないと思うのです。

神通力とは、神さまが通る道(力)のことです。

そこには自分がという我はないのです。 欲望はないのです。

肉体人間の自分が働くのではない

神様が働くのだ

自分はただ神様が働きやすい場を提供するだけでいいのです。

器になればいいのです。

ちょっと難しいですよね、長くなったので今回は1.で終わります。




 

    
「調和波動気功法」 于寿明 星湖舎




 

 
 

 

« 反省は少な目に | トップページ | どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54758003

この記事へのトラックバック一覧です: 調和波動気功法トレーニング 4:

« 反省は少な目に | トップページ | どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 1 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ