« 宗教の極意 | トップページ | 肉親的愛情をもった神(守護霊、守護神) »

2014年1月12日 (日)

歯は一日で治る

 



 
目からウロコとはこのことです。

私は歯に対して不安を持っていました。

“歯磨きをすると出血することが多い”

“冷たいものを飲むと沁みることがある”

“歯がグラグラとグラつくことがある”

“歯磨きも丁寧にやっているとはいえない”

“歯垢も取っていない定期検診も受けていない”

これに加えて私の父は歯が弱く私の年齢(55歳)のときには総入れ歯でした。

私はそこまでひどくなく虫歯の治療を5本ほどしたくらいで抜歯は一本もしていないのです。(かなりましかな?)

でも不安はありました。これらの症状が時々現われて歯に対して自信がなかったのです。

けれど于先生(私のメンター)に薦められて読んだこの本にすべての答が書いてあり

ました。

「血が出ても大丈夫なんだ、健康な証拠なんだ」

「自然治癒で歯の痛み(冷たいと感じる)は治るんだ」

「歯間ブラシと指先マッサージで充分なんだ」

「シソーノーローも怖くない、自分で手入れ出来るんだ」

「歯垢は一日で取れるそれ以上の日をかける歯医者にはいかなくていい」(自分の時

間の都合で短時間に分ける場合は別ですが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

などなど、他にもいろいろとよい情報、腑に落ちる情報?安心する情報が書かれてい

るのですが、後はご自分でこの本を買って読んでください。

とにかく歯を抜くなんてとんでもないことだということがわかりました。

しかし巷の多くの歯医者さんは、残すよりも抜こうとする(今は歯科医師会も残そうと

いう考えに変わっているそうですが)

それはなぜか?

抜くと儲かるからだそうです。

そして保険医が保険のきかない保険外治療を勧める歯医者さんはとんでもない

藪医者だそうです。

患者さんの幸せよりも健康よりも、自分の儲けを優先させる歯医者さんは今後淘汰

されていくと思います。

悪徳業者、悪徳医はインターネットによって徐々に無くなっていくのです。

それは、これらの人たちが非難されるからではありません。


私たち患者、消費者が賢くなって、それらの人たちに近づかなくなるからです。

良い情報はどんどんネットに流れるべきだと思います。

歯に関して 「何の不安もない」 という人はほとんどいないと思います。

ご家族の方、知人の方で歯のことで困っている人は周りにたくさんいらっしゃると

思います。

あなたが読んで是非、教えてあげてください。

きっと感謝してくれると思いますよ。

下記に本の中から響いた文章を抜粋します。

よかったら参考にしてください。




  

あなたもシソーノーローといわれたことがありませんか?

「シソーノーローですな、すぐ抜きましょう」

竹内和子(30歳・愛知県)は、いきなりこういわれて仰天した。

「先生、私は歯石をとっていただきたくて来たのですが」 おずおずときく和子さん

にたいして、歯科医は急に怒りだした。

「歯垢がつくのはシソーノローだから、シソーノーローを治すのは抜歯。歯を抜いち

まえば、歯石なんかつかないんだ」

そりゃそうだ、そりゃそうだけれど、自分の歯をたいせつにしたいから、こうしてグラ

グラする前に、治療を受けにきたのではないか。

抜かれたくない、どうすれば抜かれずにこの椅子をおりられるのだろう。 なんとか

時間をかせいで焦るのに追いうちをかけて、

「アンタ、歯を磨くと血が出るだろう。朝起きたとき、口の中ネバネバしてるだろう。

それがシソーノーローの何よりの証拠なんだ。レントゲン写真でも骨がなくなっている。

早めに抜いたほうが、それだけ入れ歯に早く慣れて総入れ歯になったとき楽なんだ」

こわいですネェ。まだ全部、自分の歯があるのに、総入れ歯の話がでてくる。

「あのう、なんとか抜かないで治す方法はないんでしょうか」

「手術がある。たいへんな手術だョ。痛いし、時間がかかるし、費用も一千万だ。

アンタそれだけの額を用意できるかネ?」

抜きたくない。だけど一千万円なんて、とても支払いきれない。思いあまった末、

知多半島から長野の在所(実家)に、生後一年の子どもを預け、東京駅前の私の

診療室を訪れたのが、昭和52年のことであった。

シソーノーローだから歯石がつくのではない。歯石がつくから歯肉が正常でなくな

るのだ。

私のところでは、歯垢をとりのぞいただけ。そのあと毎日、ヒマをみつけては、自分

の指で歯肉をこすってもらうことにした。

これはリンゴの皮を指先でこすったとき “キュッ、キュッ” と音がする、あのくらい

の感じになるまで、よくマッサージに並行して、食後の掃除をしてもらう。

歯を磨いたときに血が出るのは生きている証拠なのだ。

歯を磨いて歯肉から出血するのをすべて健康とは申しかねるが、出血したらシソ

ーノーローというのも短絡すぎる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この名古屋のご婦人は、あれから6年すべての歯を一本も抜くことなしに、もちろ

ん手術らしい手術もせず、指のマッサージと歯ブラシと定期検診だけで爽快に噛

んでいる。

いったいあのシソーノーロー抜歯のご託宣は、なんだったのだ。

自分の指先一本の手当てによる全快の例は、私の診療室ではゴロゴロ転がっ

ている。

 

 「歯は一日で治る」 谷口 清著 ルネッサンス・アイ (自分の歯を守る驚異の根菅治療法)

 
 

関連ブログ 「目は1分で良くなる!」
 

http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-8a73.html


 
 



 



 

 
  


  




  

« 宗教の極意 | トップページ | 肉親的愛情をもった神(守護霊、守護神) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54579093

この記事へのトラックバック一覧です: 歯は一日で治る:

« 宗教の極意 | トップページ | 肉親的愛情をもった神(守護霊、守護神) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ