« どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 1 | トップページ | おもいわずらうな! »

2014年1月28日 (火)

どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 2

 
4. 神さまはこうおっしゃっている。

 「何故あなたは一人でそんなに嘆き苦しんでいるのか。 あなたのその小さな心では到底その重荷を背負いきれるものではない。 あなたの器が大きくなり、自分一人で背負いきれるようになるまで、私が肩代わりしてあげよう。

さあ、すべてを私に任せなさい。 あなたはもうその悩みについて、その悲しみについて、その苦しさについて一切忘れなさい。 考えることを一切放棄しなさい。 私がみんな背負ってあげよう。 その代り必死で真剣に世界平和の祈りを祈りつづけなさい。

朝から晩まで今日一日、心の中に迷いが生じないように一生懸命祈りつづけなさい。

明日は大分楽になっている筈である。 一筋の光があなたの行く手を照し始めたのです。 安心なさい。」
 


 

5. 神さまはこうおっしゃっている。

 「あなたの強い熱い願いは私に届いている。 あなたの心は誰よりもよく知っている。 人に理解されずともよい。 人によく思われずともよい。 私はあなたの心の奥底をわがことのように知っている。

 必ず近い将来、あなたの思う通りのことがこの世に現われる時がくるであろう。それまで時の経つのを待つがよい。 あなたの笑顔の甦える日は近い。」


 

6. 神さまはこうおっしゃっている。

 あなたは、今この瞬間、すべての束縛から解き放たれた。 そして完全に自由の身になった。 私はあなたのすべてを識る。 今までのあなたの苦しみもあなたの傷みもあなたの悲しみも、またあなたのなして来た誤てる行為も。

 だがすべて私はここに許す。 あなたのすべてを許す。

 さあ、あなたは自由の身になった。 自分自身からの束縛から解き放たれた。

 心より喜びなさい。」


 

7. あわてることはない。 焦ることもない。 そう深く心にかける必要も全くない。すべては守護神によって順調にうまく運ばれてゆくのだ、ということを強く信じるだけでよい。

 自分の力で、一人の力で、自分自身がやるのではない。 常に神と一体となってはじめてすべてが運ばれてゆくのだ。 ということを心より知ることのほうが大事だ。

 すると思いもかけず、すべてのことはスムーズに運ばれ完成してゆくものである。

 

       「日々の指針」 西園寺昌美  白光出版

 

« どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 1 | トップページ | おもいわずらうな! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54781008

この記事へのトラックバック一覧です: どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 2:

« どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 1 | トップページ | おもいわずらうな! »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ