« 死んでしまえばそれでお終いなのか? | トップページ | 調和波動気功のトレーニング 2 »

2014年1月26日 (日)

調和波動気功法トレーニング 1

 

突然ですが、私が実践している調和波動気功法のトレーニング(レッスン)を今日、今から始めます。

調和波動気功法は私のメンターである于寿明先生が創始者なのですが、私なりに解釈したことをブログに発表して親しんでいただくことも意義のあることだと思い立ちました。

レッスンというのは、于先生に対しておこがましく失礼なので、ほんの初歩の段階という意味でトレーニングと名付けました。


順不動、そのときに ヒラメイタ ことをアトランダムに自由自在、箇条書きにして書いていきます。

意味をわかってもらおうという意識はありません。

自分と極一部の人だけが共感してくれればいいというスタンスです。

毎日書くことは出来ませんが、なるべく時間を作ってやっていきたいと思っています。

波動や気功に興味のない人には、ちんぷんかんぷんなのかもしれません。

そういう方は、違うタイトルのブログをこれまでのようにご愛読いただけたら幸いです。

では、スタートします。




 

1.まず宇宙は波動で出来ている、星も宇宙の空間も目に見えるものも、見えないものも全部、すべてのものが波動で出来ているのです。 波動はエネルギーでもあり気でもあります。
 

2.幸せとは心の中が調和して、目に見える現象面が調って、2つが揃ってはじまて幸せ感を味わえるものです。 初めに目にみえない心が調って、そして時間を経て現象面が調うのが正解です。

心が調っていないのに(調和していないのにということ)現象が調っているというのは偽物です。 やがて崩壊していきます。
 

3. 何事も焦ってはいけません、焦ると焦げ付きます。焦げついたものを元に戻すのは大変なのです。(エネルギー的に)

 

4. 意識が上(頭)にあがっているから、フラフラするのです。 一番落ち着く場所は、下丹田(かたんでん)といって、へそ下3.5センチから肛門にかけての中間にあります。

下丹田は、腹脳(ふくのう)と言われ本当の脳のある場所が下丹田なのです。

お釈迦さまはここを意識するように弟子たちに言っていたのです。

ここを意識すると、余計なことを考えなくなります。 頭がスッキリしてきます。 直感力が鋭くなっていきます。

 



5.座っているときは、お尻の肛門、立っているときは足の裏を意識してください。体の最下点が頭から離れて一番落ち付ける場所なのです。(意識の出来る人はずっと下丹田でもかまいません)

 

6.足の裏(まん中あたりのくぼんだ所)には、湧泉(ゆうせん)というエネルギースポットがあります。 そこから宇宙から入ってきたエネルギーが出てゆくのです。マンガ鉄腕アトムはこの湧泉からエネルギーを出して空を飛んでいました(笑)

この湧泉から地球の中心に向ってエネルギーが向かっていること をイメージしましょう。

気持ちが今までよりもずっとずっと落ち着いてきます。





 


      
「調和波動気功法」 于寿明 星湖舎 




 

   

 

« 死んでしまえばそれでお終いなのか? | トップページ | 調和波動気功のトレーニング 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54750527

この記事へのトラックバック一覧です: 調和波動気功法トレーニング 1:

« 死んでしまえばそれでお終いなのか? | トップページ | 調和波動気功のトレーニング 2 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ