« 法然・親鸞の教え方 | トップページ | 不幸って消滅するの? »

2014年1月21日 (火)

不幸だと想っている心が不幸なのです

 

想いが不幸なのだ

 

不幸と思うその想念がなければその人は不幸ではないので、その人の想念が不幸だとか不満だとか思っているだけなのである。

だから、同じ条件下においても、悟った人には不幸ではなく、凡夫には不幸に感ぜられるのである。

想念のもってゆきどころによって、不幸も不幸でなくなるのだから、いつでも不幸や不幸の渦巻きの中であえいでいる人は、本当に不幸な人であるので、その不幸や不満を感ずる想念を、常に世界平和の祈りのような大乗的な、深い広い意味をもつ祈りの中に投入していれば、その人はその時間は不幸が薄らいでいると共に、知らぬ間に神様の大光明がその人の心の中に差しこんできて、その人の潜在意識にたまっている業想念を浄め去ってゆくのである。

    

         「日々の祈り」 五井昌久 白光出版

 

 感想

ほんとに気の持ちようとはよく言ったもので、どんなに周りの環境に恵まれている人でも自分自身のことを 「私ってなんて不幸なんだろう」 と想っている人は不幸なのだし

誰が見ても、「あの人は不幸な人だ」 と思えるような人も 「私ってなんて幸せなんだろう」 と思っている人は、幸せなのです。

だから、不幸や幸せは自分が決めるものなのです。

ただ自分が不幸なのか?幸せなのか?

悩むのもバカバカしいですよね、ジャッジしても意味がない(笑)

だったら自分の脳裏にどんな想念が浮かんできても

それを宇宙の中に投入してやれば

すべての想いが全プラスそれもバージョンアップして還って来るのです。

なんだか幸せになったような気がする 

なんだか気持が明るくなったような気分になる

それが世界平和の祈りの特長です。

醍醐味です。

祈るとは、宇宙の波動に波長を合わせるということなのです。



 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます



 

 

« 法然・親鸞の教え方 | トップページ | 不幸って消滅するの? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54696056

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸だと想っている心が不幸なのです:

« 法然・親鸞の教え方 | トップページ | 不幸って消滅するの? »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ