« 調和波動(宇宙天使からの贈り物) | トップページ | 歯は一日で治る »

2014年1月11日 (土)

宗教の極意


 
タイトルにスバリ宗教という文字を書いてしまうとその言葉だけで拒絶反応を起こす人もいるようです。

そういう私自身もお釈迦さまやキリストさまは大好きなのですが、お二人が亡くなられた後の弟子たちによってつくられた今の宗教には納得してはいないのです。

それは宗教という宗(もと)、根本の教えが違うものになってしまっているからなのです。

宗教戦争や争いなどは、その間違った者どうしが

「私たちの宗教が正しいのだ」

「そちらの神は本物ではない」

と言い争っているのであって、どうにもこうにもしようがないのです。(すべての宗教がそうではありませんが)

それらの邪教とお釈迦様の仏教、キリストさまのキリスト教が一緒に考えられているのだから一般の人が宗教嫌いになるのは当然なのです。

宗教とは、先ほどにも書きましたが宗(もと)の教えという意味です。

宗(もと)というのはすなわち宇宙のこと、宇宙の法則を示しているのが本当の宗教です。

お釈迦さまもキリストさまも地球よりももっともっと進化した星である金星の高い意識(エネルギー)を地球に降ろしてきたのです。

四次元、五次元、いや多次元の高い教え(意識)でしか地球の低い意識(3次元)を救うことなど出来なかったのです。

そして宗教とは、私は真理という言葉に置き換えられると思うのです。

真理も宇宙の理念であり、高い教えなのです。

話が長くなりましたが、少し不思議な話をします。

今私たちの目の前に現われている現象は、今のものではなく過去(過去世)の想念や行為したことが時を経て現われているのです。

つまり過去世のことが映像になって目の前で流れていると思ったらいいでしょう。

たとえば、今私たちが見ている空に輝いている星は、今の瞬間光った星の光ではなく過去に光った光を見ているのです。

その星はもう無いのかもしれません。

この肉体も実は過去の残骸、幻影なのです。

想いのエネルギーでつくられたものです。(過去世を含む)

では、自分が今想っていること、行為していることはいつ現われるのか?

それはもちろん未来の世界です。

だから過去や現在に現われていることなどはどうでもいいのです。

私たちがこだわっている過去や現在にとらわれるのは、消えてゆくもの幻をつかんでいることになるのです。

本当の現在は未来(神界)にあるのです。

世界平和の祈りは未来に波長を合わせる時空を超えたエネルギーの言霊です。

だから過去(潜在意識)が早く消え、素晴らしい未来がすぐにやって来るのです。


 

 
 宗教の極意

 

人間は現在現われているすべての状態を、実際に起こっている状態と思いがちですが、今、現われている状態というのは、過去において、人間の心の波のなかにあった状態が、今消えてゆこうとして現われているので、そうした消えてゆく姿を把えて、どうのこうのといっていることは、ちょうど幻影をつかんで騒いでいるのと同じことなのです。

この真理を知ることが宗教の極意でもあるのです。

今、私たちが想念し、行為していることは、未来の世界にその結果が現われてくるのですから、過去の現われである現在の状態は、すべて消えてゆく姿と観じて、今、世界平和の祈り一念で生きてゆくことこそ、唯一無二の賢明なる生き方となるのです。





        「日々の祈り」 五井昌久 白光出版





  

 

« 調和波動(宇宙天使からの贈り物) | トップページ | 歯は一日で治る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54571368

この記事へのトラックバック一覧です: 宗教の極意:

« 調和波動(宇宙天使からの贈り物) | トップページ | 歯は一日で治る »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ