« どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 2 | トップページ | 調和波動気功法トレーニング 5 »

2014年1月29日 (水)

おもいわずらうな!

 
何をそんなに思い煩っているのだ。 なにもかも自分一人で背負うとするから混乱してしまうのだ。 あなたは一番根本なることを忘れている。

それはどんな人にも守護霊様守護神様がついておられるということだ。

そしてその守護霊様守護神様が必ずその人の運命をよくしようと、日夜努力し導いて下さっておられることだ。

あなたのすることといえば、ただその人の為に、その人の天命を祈ってあげさえすればよいのだ。

夫のために妻のために、愛する子供たちのために、友人知人のために、両親、祖父母のために、ただそれだけでよい。

だがあなたはその人の心をあまりにも思うあまり、その人のためをあまりにも考えすぎるために、すべての責任を自分一人で背負うことが正しいと思いこんでしまっているのである。

その人の運命はその人でなければ切りぬけられないものである。

思い違いをするな! 思いあがるな!

        「日々の指針」 西園寺昌美  白光出版

 

感想

なんという厳しいお言葉でしょう、特に最後の 思い違いをするな! 思いあがるな! は強烈です、身が縮み上がるようです。

私はこの指針を何度読み返したことか・・・・

と言いますのは、私は息子のことで心配することがありましてずっと思い煩っていたのです。

そして、息子自身が自分で解決しなければいけないことなのに

親である私が

「どうしよう どうしよう 自分がなんとかしてあげなければ」 と右往左往していたのです。

そしてこうなったのも親である自分の責任であると本気で思っていました。

そして息子の将来を案じていたのです。

でもそのときに思い知りました。

肉体人間の親ではどうにもこうにも出来ないことを・・・・・・

どれだけ心配しても、どれだけ手を貸そうとしても カラ回りするだけでした

かえって心配し過ぎて息子にマイナスのエネルギーが行ってしまい、息子の心をがんじがらめにしてしまうのです。

「親は子の心配をするのは当たり前だ だから少々干渉が過ぎてもいいのだ」

というのは、とんでない間違いなのです。

エネルギーとしてイメージすればよくわかります。

そんなことに労力(エネルギー)を費やすのではなく

肉体人間の親よりも

数倍、いや数十、数百倍、数千倍 子どものことがわかっていて

数万倍助けることのできる守護霊さん守護神さんにお願いすることのほうが

ずっとずっと賢明なのです。

それが真理なのです。

霊界から守護霊さん 神界から守護神さんが

潜在意識の世界である幽界と肉体界を浄めてくださるからです。

子どもの守護霊様守護神様に感謝をしお願いをするとその光は肉体の子どもに行くことになり

マイナスのエネルギー(業・カルマ)から光のバリヤで守られることになるのです。

だから自分の力ででなんとかなると思うのはやはり、思い上がりなのです。





 

 

« どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 2 | トップページ | 調和波動気功法トレーニング 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54781304

この記事へのトラックバック一覧です: おもいわずらうな!:

« どうにもならないことをどうにかしようとするから 苦しいのです 2 | トップページ | 調和波動気功法トレーニング 5 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ