« 12月3日のつぶやき | トップページ | 悩みは消える »

2013年12月 4日 (水)

12月4日のつぶやき

 
私たちは起きているときにいろんな事を想います。

昨日のこと過去のこと、未来のこと、他人のこと、自分のこと、気にかけていること、解決していないこと、・・・・・・・頭脳を駆け巡る頭の中っていったいどうなっているのだろう?

と不思議に想うのです。

そして、整理ができないまま常に、「ああだこうだ」 と考えている

頭というのは、無防備になっているので、その中は自分の本心だけではなく、近くにいる人の想いやたくさんの人の想い(群集心理)、そしてそれに加えて過去の想念(潜在意識)も浮かび上がって来て、スクランブルされている、ごっちゃごちゃになっている

それが、肉体人間の頭の中の状態なのです。

「今、自分の想っている考えていることのほとんどは、自分の本心からではない」

想いというのは相手の心と書くように、本心とは別のものなのです。

本当の自分とは、神界にいるのですがそこから霊界、幽界、肉体界に降りてくる間に光が弱くなって本心を曇らせ、本心とは違う相手の思いや潜在意識に溜まったものが頭脳を占めてゆくのです。

お釈迦さまは本心と業想念を分けるために、坐禅観法させたのです。

人間の本来の姿とは、脳裡には何も浮かばず、澄み切った青空のようなスッキリした状態なのです。

「ああだ こうだ」 と考えたり想い煩ったりせず

直観だけで生きているのが本来の私たちの姿なのです。

「頭で考えずに、どうやって生きて行くんだ?」

「想い悩むから人間なんだろう?」

と私たちは思ってしまいますが

本心以外の想いはいらないものなのです。

それは本心の中に必要なものがすべて入っているからです。

余計なものがないからです。

宇宙の叡智(愛)が一杯詰まっているからです。

守護霊守護神のメッセージが入っているからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本心につながるにはどうしたらいいか?

それは、肉体の頭脳を駆け巡るもの、人の思い、過去からの潜在意識を全部天に返せばいい、天は溶鉱炉です。

想いを溶かしてくれます。(それと同時に光が入って来ます)

そして汚れた想念をきれいに洗濯して必要な情報?だけを返してくれます。

それだけで充分なのです。

それ以外はいらないのです。

それ以外のものは人間を迷わすものなのです。

想いを天に返して

天の叡智を頂き直し、生命を活き活きさせるメソッドが

祈りなのです。


 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます


 

 

 

« 12月3日のつぶやき | トップページ | 悩みは消える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54143112

この記事へのトラックバック一覧です: 12月4日のつぶやき:

« 12月3日のつぶやき | トップページ | 悩みは消える »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ