« 12月15日のつぶやき(中庸でいいんだ) | トップページ | 転んでも »

2013年12月16日 (月)

12月16日のつぶやき(思わんとあきまへんなあ)

 


私事ですが、私はこれから今までの自分の在り方を一新して、まったく新しい仕事や生活

に変えてゆこうと思っているのです。

仕事も辞め、新しい仕事を自分で始める、サラリーマンから自営業者になる、そしてそれに

伴い生活も一変します。

そこで大切なことは何か?を考えたときに、これからどうするか?を考えるのではなく、

その前に自分がどうなりたいか?を強くイメージすることが重要だとわかったのです。

プロセスではなく、ゴールを強くイメージする

映像になるまでイメージし、夢(イメージ)か現実かわからなくなるくらいまで思いつづける。

すると、イメージは潜在意識(幽体)にインプットされるのです。

潜在意識というものは、時間を経て必ず顕在意識となって現実世界に顕われてくるのです。

そしてイメージをすると、現われてくるまでにどうしたらいいかというやり方が見えてくるのです。

ほとんどの人は、やり方を先に考えます。

しかし、自分の夢(目標)をしっかりと持って、イメージすることの方がずっと大事なことな

のです。

何をすればいいか? ではなく どうなりたいか?

想いが形をつくるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで松下幸之助さんは有名なダム式経営の話をされた。ダムを持たない川というのは大

雨が降れば大水が出て洪水を起こす一方、日照りが続けば枯れて水不足を生じてしまう。

だからダムをつくって水をため、天候や環境に左右されることなく水量をつねに一定にコン

トロールする。

それと同じように、経営も景気のよいときこそ景気の悪いときに備えて蓄えをしておく、そう

いう余裕のある経営をすべきだという話をされたのです。

それを聞いて、何百人という中小の経営者が詰めかけた会場に不満の声がさざ波のよう

に広がっていくのが、後方の席にいた私にはよくわかりました。

「何をいっているのか。その余裕がないからこそ、みんな汗水たらして悪戦苦闘しているの

ではないか。余裕があったら、だれもこんな苦労はしない。

われわれが聞きたいのは、どうしたらそのダムがつくれるのかということであって、ダムの

大切さについていまさらあらためて念を押されても、どうにもならない」

そんなつぶやきやささやきが、あちこちで交わされているのです。

やがて講演が終わって質疑応答の時間になったとき、一人の男性が立ち、こう不満を

ぶつけました。

「ダム式経営ができれば、たしかに理想です。 しかし現実にはそれができない。

どうしたらそれができるのか、その方法を教えてくれないことには話にならないじゃない

ですか」

これに対し、松下さんはその温和な顔に苦笑いを浮かべて、しばらく黙っておられました。

それからポツリと

「そんな方法は私も知りませんのや。知りませんけども、ダムをつくろうと思わんとあきま

へんなあ」 とつぶやかれたのです。

今度は会場に失笑が広がりました。

答になったとも思えない松下さんの言葉に、ほとんどの人は失望したようでした。

しかし私は失笑もしなければ失望もしませんでした。

それどころか、体に電流が走るような大きな衝撃を受けて、なかば茫然と顔色を失って

いました。

松下さんのその言葉は、私にとても重要な真理をつきつけていると思えたからです。

 

 

寝ても覚めても強烈に思いつづけることが大切

 

思わんとあきまへんなあ━この松下さんのつぶやきっは私に、

「まず思うこと(イメージすること)」の大切さを伝えていたのです。

ダムをつくる方法は人それぞれだから、こうしろと一律に教えられるものではない。

しかし、まずダムをつくりたいと思わなくてはならない。

その思いがすべての始まりなのだ。

松下さんはそういいたかったにちがいありません。

つまり、心が呼ばなければ、やり方も見えてこないし、成功も近づいてこない。

だからまず強くしっかりと願望することが重要である。

そうすればその思いが起点となって、最後には必ず成就する。

だれの人生もその人が心に描いたとおりのものである。

思いはいわば種であり、人生という庭に根を張り、幹を伸ばし、花を咲かせ、

実をつけるための、もっとも最初の、そしてもっとも重要な要因なのである━。・・・・・・・・・
 




    
         
「生き方」 稲盛和夫  サンマーク出版






 

« 12月15日のつぶやき(中庸でいいんだ) | トップページ | 転んでも »

コメント

薄羽さま

コメントありがとうございます。 私も祈りの同志の人がブログを読んでくださっていると思うと凄く心強いです。
これからも世界平和の祈りの素晴らしさ、五井先生、昌美先生の偉大さをお伝えしていきます。
よろしくお付き合いください。
ところで yahoo ブログ 堀進氏のことは存知あげていないのですが、いろんな興味深いことを書かれていますね。

はじめまして

時に、ブログを拝読させていただいております。

その度に、「ああ、仲間がいるんだ」と、こころ嬉しく思い、力をいただいております。

今後のご活躍を期待致します。

日々、ありがとうございます。

yahoo ブログ 堀進氏も 会員様でしょうか?

五井先生、ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54272788

この記事へのトラックバック一覧です: 12月16日のつぶやき(思わんとあきまへんなあ):

« 12月15日のつぶやき(中庸でいいんだ) | トップページ | 転んでも »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ