« ちょっといい話 (ビジネス編) | トップページ | 話す力 »

2013年12月27日 (金)

最後はやっぱり人なんですね(ビジネス編)

   

今、私は縁があって母校の高校と関わりがあり、そこで先生方とお話し、現場の悩みをお聞きすることがあるのです。

それは昔では考えられなかったような驚くべき内容なのです。

私が見る限りでも、高校生の幼児化が見られます。(すべての学校がそうだとは思いませんが)

・ 授業を受ける態度がなっていない、席に着かない、授業を聞かない(私たちの頃も一部ありましたが)

・ 先生を友だちのように思い、接している(呼び捨て)

・ なんのために学校に来て、なんのために勉強をするのかがわかっていない(目的意識が希薄)

・ 挨拶など人としてのマナーが出来ていない


先生方は、「生徒たちもそうだが親がなっていない、非常識な親に育てられているから子どももそうなるんだ」

と言いますが、学校側がそう言って 親の責任にしていてもらちがあかないのです。

親に説教が出来ないのであれば、生徒をしっかり教育して立派にして、逆に親を目覚めさせてやる!ぐらいの心意気を持って欲しいと思うのですが

先生方も疲れ切っています(笑)

やることが多すぎるのです(いろんなことを兼務され毎日遅くまでお仕事をされています)

そこまで言えないのです。

そんな生徒たちがそのまま社会に出たらどうでしょう?

すぐにクビになるか、辛抱が足らないので辞めていくと思います。

会社もバカではないので最初からそんな生徒は雇いません。

しっかりした常識のある人を当然欲しがります。

だから大きな企業ほどいい人材は集まると思うのです。

それでも優秀な大学を出ているからといって使える人材だとは限りません。

間違って雇ってしまう場合もある

だから少なからず教育をし直す必要はあると思うのです。

会社も雇った限りは見捨てることはできません

人材を育てることも企業としての役割です。

親の教育(しつけ)が出来ていなかったつけが学校に回り、学校も教育し切れなったつけが企業に回り社会にもまわってきた・・・・・

決して本人の責任ではないのです。

親の責任でもあり、学校の責任でもあり、社会の責任でもある、みんなの責任です。

大人がしっかりしていないから大人が正しく立派に生きていないから、自分の生き方に自信がないからそれが子どもに伝染するのです。

自分のところの会社ではそんな社員はいない

だからそれでいいんだ ではダメだと思うのです。

すまされないと思うのです。

子どもは日本の宝であり、地球の宝であり、世界人類の宝です。

今からでも遅くはない、自分たちの生き方を見直して、正し

その姿を子どもたちに見せていこうではありませんか!


それしか方法はないと思うのです。

 

永遠に開発されないソフト

 

最近、私はコンサルティングの現場で、クライアント経営者に向け、こんなジョークを話ます。

「社長、今に 『世界で一番簡単な経営戦略』 『サルでもできる営業戦術』 『すごいマーケティング』 といったゲームソフトが開発され、ニンテンドーDSで使える時代になりますよ。

でも、いくらソフトが発達しても、まず永遠に開発されないのは、ヒトの問題です。

だから、使える人を採用すること、頼もしい人財に育てることが今後ますます経営の優勝劣敗を決めるようになります」。 ヒトの問題は、現代日本ではすでに深刻です。

学力はおろか、社会人としての基本的なセンスやマナーが身についていません。

会社は採用後数年、大学の代わりに教育しなければならない覚悟が必要です。

こんな話があります。
 


 

「お昼行ってきまーす」 が最後の言葉!?

渋谷109、若者に人気のファッションビル。 その中の某ブランド店長に聞いた話です。

アルバイトがお昼に出たまま午後帰ってこない。 午前中何か注意するなり叱るなりして、それが気に入らなくて午後いなくなってしまう、ということなら過去実際にあったし、理解もできるのですが、思い当たる節はない。

午前中は機嫌よく仕事をしていた。

物騒な昨今ですから、何かあっては大変と携帯に電話したところ、「着信拒否」! 八方手を尽してつかまえ、理由を聞いたところ 

「自分のイメージしていた仕事と違った」 と。 「商品ディスプレイの仕事がしたかったのに、倉庫から箱詰めされた商品を出すことばかりやらされる。 こんなのワタシの仕事じゃない!」

それにしても、挨拶も対話もなく、ぷい、といなくなってそのまま。

まるで学校の授業サボりのノリです。

「日本の教育がなってないんですよ」 と嘆く店長。

彼女もまだ、24歳なのですが。

 

   「ビジネスチャンスに気づく人の57の法則」 阪本啓一 日経ビジネス人文庫




 





 

 

« ちょっといい話 (ビジネス編) | トップページ | 話す力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54396870

この記事へのトラックバック一覧です: 最後はやっぱり人なんですね(ビジネス編):

« ちょっといい話 (ビジネス編) | トップページ | 話す力 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ