« 人間の未来は明るい | トップページ | 上役、下役、お得意先とどう接するか? »

2013年12月23日 (月)

不動心になるには・・・

  

私は守護霊守護神のことをかなり頻繁に書いていますので、みなさんと比べて神霊を意識しやすいと思うのですが、見たことも会ったこともないので、すぐにその存在を忘れてしまうのです。

意識すればするほど、感謝すればするほど、守護霊さん守護神さんは人間を守りやすい、そして人間側は大事なメッセージを受け取りやすくなるのだそうです。

無意識になるためには、意識的につづけていくことで自然と無意識になります。

最近特に、私には守護霊守護神のご加護が必要だと感じているのです。

それは、下記に書いていますように守護霊さん守護神さんにしっかりとつながっていないと不動心になれないからです。

私の人生最大の目標とは不動心になることです。

無意識とは、意識の積み重ねである

そのことを肝に銘じて、意識をしていきます。







自己の根源と一体になる

不幸とは、業因縁に心が把われている状態をいうのですから、把われさえしなければ、不幸はないのです。

そうした把われから解脱するためには、どうしても不動心にならなければならぬのです。

直霊(神)と分霊(人間)とがしっかりつながって動揺しないでいる、この不動心の心になるには、やはり常日頃から、自分と神とは一体である、とか、常に守護の神霊が自分を守っていて下さる、ということを想っていることが大切なのです。

神仏を離れては決して不動心にはなりません。

不動心とはただ単なる度胸などというのではないのです。

自己の根源、真我と一体になり、不動の心になって、この業生の世界に、明るい光、神の光明を放射してゆかねばならぬのです。

      「日々の祈り」 五井昌久 白光出版




  

 

« 人間の未来は明るい | トップページ | 上役、下役、お得意先とどう接するか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54348681

この記事へのトラックバック一覧です: 不動心になるには・・・:

« 人間の未来は明るい | トップページ | 上役、下役、お得意先とどう接するか? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ