« 家庭運をよくするためには・・・・ | トップページ | どんなに悪そうに見える人もほんとうは天使なのです »

2013年12月23日 (月)

劣等感に悩む人、臆病な人、気の弱い人へのメッセージ


 
私は、今中学と高校の同窓会に関わっているのですが、ある友人と接したことでびっくりしたことがあったのです。

その人は○○のときの同級生なのですが、頭脳明晰、スポーツ万能、ハンサムでモテモテでした。

生徒会の役員にもなり、誰が見てもスターだったのです、輝いていたのです。

そして今も立派なお仕事をされています。

しかし、私がその頃の昔のことに触れると

「いや~実はあの頃の自分が恥ずかしいのです、穴があったら入りたいくらいです、意気がっていた自分を消したいくらいです」

と語っていたのです。

なにがあったのかはわかりませんが、どこかで恥をかいたのかもしれません。

誰かに諭されたのかもしれません。

つくづく人間は見た目ではわからないと思ったのです。

どんな人にも劣等感、臆病なところ、気の弱いところはあると思うのです。

そしてそれとは逆に、どんな人にも優越感、度胸のあること、気の強いところがある

面白いのは自分で思っている自分と人が自分に対して思っている印象とは違うということです。

どちらの自分が本当なのか?

それは誰にもわからないのです。

私も時々、自分の性格がわからなくなるときがあります(笑)

ということは性格というのも

日々瞬々刻々変わっていっているのではないでしょうか?

日々新生、新しい自分に生まれ変わっている

昨日よりも今日、今日よりも明日の方が成長している自分でありたいものです。

 

 

劣等感に悩む人、臆病な人、気の弱い人へのメッセージ


 



世間には、劣等感に打ちひしがれている人や臆病な人、気の弱い人が結構いるものです。

劣等感には、体型や顔の造作など身体に関するもの、経歴や家柄に関するもの、所持品や言葉のなまりに対してなど、様々なものがありますが、劣等感があると、それが常に災いして、人と対等に付き合うことが出来ないのです。

人に自分の意見を述べたいと思いながらも、劣等感が脳裏をかすめて

“ああ、自分はそれにふさわしい意見をいう柄ではないんだ” と躊躇してしまう。

たとえ、その意見が自分の体験から出た、相手に対して説得力のある良いものであったにしろ、くちごもってしまうのです。

“自分にふさわしいことをするな。お前は他と競争する立場にない。黙っていろ。引っこんでいろ” と、自分で自分を制してしまう。

それを繰り返していくと、人との付き合いも億劫になり、自分の殻に閉じこもってしまうのです。

ですから、劣等感が自分の心を占めてしまうと、一生、正しい意見も言えない状況に自分自身を追いやってしまうのであります。

また、臆病な人というのは、何をするにも、どきどきびくびくおどおどしてしまう。

これは劣等感とは違って、自分に自信がない人です。

常に人に頼りたくなる。 人に頼ることが習い性になると、この、どきどきびくびくおどおどは一生取れないのです。

気の弱い人も同様です。

劣等感のある人も臆病な人も気の弱い人も、突き詰めてゆくと、皆マイナス思考です。

物事を悪く悪く判断してしまうのです。

そして、自分は人からこう思われているだろうと、自意識過剰におちいるのです。

逆に周りの人たちは、その人がこだわっている事柄をさほど気にとめていないのです。

ですから、劣等感に悩んでいる人、臆病な人、気の弱い人はまず、周りの人が自分に向けているだろうという想いを捨てなければならない。

人はそんなに暇でもなければ、あなたに興味を持っているわけではないのです。

あなたが優れた才能や、優れた発明発見をした人なら、周りの人は関心を抱くでしょうが、普通の人であれば、そんなに関心は抱きません。

あなたは一人で、困って、苦しんで、もがいているに過ぎないのです。

劣等感を抱いている人、臆病な人は一刻も早く、そういう状況から脱しなければなりません。

そのためには、逃げないことです。

何かをする時、自分を躊躇させようとする劣等感が脳裏をかすめたら、それを追い払って、勇気を持って逃げないで立ち向かってゆくことです。

それで失敗したり、恥をかいたり、屈辱を感じても、めげずに挑戦するのです。

何回も挑戦するうちに、それが武器になり、不安や恐怖がなくなって、人と自然体で付き合えるだけの強い自分に変わってゆくのであります。

劣等感に悩む人、臆病な人、気の弱い人は皆、その状況から逃げ出そうとする人です。

逃げ出すために、いろいろな策略を巡らし、逃げ出すための弁解を、自分自身で一生懸命して、自分の心を納得させて逃げ出してしまう。

そういう状況を作り上げているうちは、その劣等感からは一生、抜け出すことは出来ません。

勇気を持って逃げないで、突き進むことです。

突き進めば、必ず道は開けるのです。

勇気を持って自分を包み隠さず、正直な心でぶち当たっていく。

それがコツです。



 


     「明日を明るくするメッセージ」 西園寺昌美著


 




 

 

« 家庭運をよくするためには・・・・ | トップページ | どんなに悪そうに見える人もほんとうは天使なのです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54352992

この記事へのトラックバック一覧です: 劣等感に悩む人、臆病な人、気の弱い人へのメッセージ:

« 家庭運をよくするためには・・・・ | トップページ | どんなに悪そうに見える人もほんとうは天使なのです »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ