« 大事な場面でつい誰かに頼ってしまう人へのメッセージ | トップページ | 把われのある人とない人 »

2013年12月21日 (土)

いちいち善悪を比較するな


 
人間関係で悩んでいる人のほとんどは

「自分は悪くない、正しいんだ、悪いのは相手だ」 とか 「理不尽なことを言われた 自分には100% 非はない」

と思っているようです。

昨日も実は、妻とその話をしていまして、妻は職場で一緒に働いている人に不満をもっているのです。

そして上記のようなことを言っていました。どうも理不尽なことを言われたようで怒っているのです。

私はふんふんと聞いていたのですが

妻は 「私は正義感が強いのよ」と自分は絶対に悪くないと思っているようです。(傲慢ですよね)

そして

「あなたのそういうところが悪いのよ、みんな傷ついているのよ」 と言ってやろうかしらと言ったので

私は

「相手のほんの一部しかしらないのにその人が悪い人だとか自分が正しいって思い込まないほうがいいよ、それに前世ではあなたはその人に随分ひどいことをしてきたかもしれないんだから長いスパンでみたらどっちが悪いなんて言えないんだよ」 と言ったのですが

妻は

「前世の話をしたらそこで終わってしまうじゃない、じゃあどんなに相手が悪くても何も言えないってこと?」と聞き返してきたのです。

そうではなく、相手に対して怒りを溜めこんだり爆発させるというのは、もの凄いマイナスのエネルギーの中に自分がいることになるのであって

それが一番いけないことなのです。

マイナスのエネルギーは自分も痛め、相手も傷つけるのです。


 




 いちいち善悪を比較するな

 



相手が悪い、自分は善い、と相手と自分をいちいち比較しているような想いでは、とうてい真実に相手を愛することはできないもので、相手も自分も、悪いも善いもすべて守護霊守護神の神愛のなかに投入することの練習が一番よい方法なのです。

自分のほうが善いと思ったところで、過去世からどれほど間違ったことをしていたかは、現在の自分にはわからないのであって、自分のほうが善い、と思うその想いは、ごく最近の出来事によるだけのものであるので、過去世からのその人の行為の何兆分の一かもわからないのです。

善い悪い等はいちいち自分で判断して、人を責めたり、自分を裁いたりするものではないので、自分は瞬間瞬間を神のみ心に波長を合わせつつ行為をしていればよいのであります。

 

      「日々の祈り」  五井昌久  白光出版



 

 

« 大事な場面でつい誰かに頼ってしまう人へのメッセージ | トップページ | 把われのある人とない人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54336137

この記事へのトラックバック一覧です: いちいち善悪を比較するな:

« 大事な場面でつい誰かに頼ってしまう人へのメッセージ | トップページ | 把われのある人とない人 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ