« 12月5日のつぶやき | トップページ | 「私は100%悪くないんだ」 は違うのです。 »

2013年12月 6日 (金)

12月6日のつぶやき


 
人と人間

 

今私たちの周りには、いろいろな人格の人が住んでいるわけでありまして、ニュースなどで親が我が子を殺しただとかその反対に子が親をバットで殴ったなどを聞くと

同じ親子でも愛し合っている人たちもいれば憎み合っている人たちもいるという、そしてすぐ側にそのような性格を持った人たちが道を隔てて存在することに、私はしばしば考えさせられるのです。

「この世界っていったいどうなっているのだろう? 天国と地獄が同居している世界なのか?善い人と悪い人が交ざっている世界なのか?」

このようなことは私でなくてもみなさんも疑問に思われていると思います。

そしてその疑問を解かなければ、安心して? いや割り切って生きていけないような気がするのです。

お釈迦さまは、人間を大きく3つに分けたそうです。

1.神さまに近いかなりいい人 (天人)

2.普通の人   (人間)

3.鬼のような非情な人 (阿修羅)

これはかなり大雑把な分け方だと思うのですが、今の世の中は天人や人間が阿修羅のような人を非難しているように思うのです。

しかし阿修羅のような人がいつなにかのきっかけ(大病したり、九死に一生を得たり)で天人になるかわからないし、反対に天人だと思っていた人が実は阿修羅だったなんてことは、日常茶飯事的に起きているのです。

だから私たちは簡単に迂闊(うかつ)軽率に、人を批判、非難、評価してはいけないのだと思うのです。

神さまから観れば、私たち肉体を持った人間は、50歩、100歩大して変わらなのです。

ですから私は、1、の天人(上等な人間)になるよう、努力することは勿論ですが、一挙に突き抜けて、神さま仏さまと一体となる(神我一体)ことが大切だと思っているのです。

「自分が神さまになる、そんなバカな」

とおっしゃられるかもしれません。

しかし真実は、私たちは神から分かれた分霊(わけみたま)なのです。

人(霊止)なのです。

人とはいつも言っていますように霊(ひ・日・光)が止まった(宿った)という意味です。

霊とは神さまのことです。

神社も神さまが宿った社(やしろ)といういう意味ですが、私たち、人間もそうなのです。

わたしたち人間(人)は、今こそ、自分が何者で、どんな世界に住んでいて、自分や自分たちがこれからどうなってゆくことが大切なのか? という疑問を真剣に考え、そして答を導き出してゆくことが早急に求められていると思います。

だって、真理が何もわからないまま、ただ起きて、仕事をして、稼いで、気がついたら年齢を重ねていて、なにもたいしたものを得ないまま死ぬときに慌てふためいてこの肉体界を去ってゆくのでは、あまりにもせつないと思うのです。

人間はそんな薄っぺらいものではない

もっと気高く、もっと崇高で、もっと神性で、もっと素晴らしいものなのです。

その素晴らしい自分(人間)を追求してゆく

それこそが自分探しではないでしょうか?

 



人というのは、霊(ひ)の止まるところ、日(光)の止まるところという言葉で、神霊波動のそこに止まって働く者をいうのです。 現在一般に人間といわれている者と真実の人といわれている者とは、同じことに使われいますが、実は厳密にいうと全く同じ者ではないのです。

人とは、神霊波動そのものが、そのまま働いている姿につけられた言葉であり、人間とは、神霊波動(光)と業想念波動(迷)との混合された者につけられた名称なのであります。

ですから、人間は次第に浄められて真実の人となってゆくわけなのです。

そこで釈尊(お釈迦さま)などは、天人、人間、阿修羅(下等な人間)などという人の境界にそれぞれの名称をつけているのであります。





    
     『老子講義』  五井昌久  白光出版




 

 

« 12月5日のつぶやき | トップページ | 「私は100%悪くないんだ」 は違うのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54161299

この記事へのトラックバック一覧です: 12月6日のつぶやき:

« 12月5日のつぶやき | トップページ | 「私は100%悪くないんだ」 は違うのです。 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ