« 立場をかえてみる | トップページ | 人間の未来は明るい »

2013年12月22日 (日)

不動心

 

私の最大の目標というのは、タイトルにある不動心になることだったのです。

恋愛をしては、恋愛感情に振り回されズタズタになり(笑)、仕事をしては仕事を取り巻く人間関係や環境などに振り回され、家族や友人、知人と一緒にいても感情的になって怒ったり、反対に感情をぶつけられたりして、その度に不快な気持ちになっていたのです。

自分で感情のコントロールが出来なかった。

コントロール出来なかったというのは、我慢が出来ずに爆発させた、短気だったというのではなく静めて流して消すことが出来なかったということです。

このことが私にとって一番辛かったのです。

感情をコントロール出来ないと良いことなど絶対に起きないからです。

恋人は離れていき、仕事では苦悩が続き、人間関係もぎくしゃくします。

そんなこを繰り返して

 「不動心になりたい」 

と心の底から思ったのです。

どんなことが自分に起こっても、感情想念に振り回されない自分、落ち着いた自分でありたい、そしてどんな人に対しても寛容でいたい許せる自分になりたい・・・・

そしてそんなときに出会ったのが、調和波動気功法であり、メンターである于先生だったのです。

最近、やっと感情をコントロールすることが出来るようになったと思います。(完全ではありませんが)

なぜかと言いますと幸せ感を感じることが増えたからです。

心がイライラしたりグラグラと揺らいでいるときは、安心感や幸せ感は感じないからです。

そして不動心でないと正しい判断もできないのです。

正しいという字は、漢字の一が天を示しているのですが

天(一)に止まると書くのです。

つまり天(本心)としっかり真っすぐにつながっていないと天からの光(メッセージ)が受取れないのです。


そして一番嬉しいことは、不動心になると感情を超えられるのです。

人間は感情を超えて初めて幸せになれるのだと思います。


      不動心


人間の不幸というものは、本心が業想念、誤った想念、つまり悲哀、憎悪、妬み、怒り、恐怖などにつつまれて現われ出ることの出来ない姿をいうのですが、不動心になりますと、本心が明らかに光を放っていまして、業の想念がこの本心をいつまでもつつんでいることが出来なくなるのです。

どうしてかといいますと、肉体人間の中にあります分霊の心が、天の直霊(神の心)としっかりつながってゆるぎない状態でいるからです。

この心を不動心というのです。

いかなる悲哀も、憎悪も、恐怖も、本心(直霊)としっかりつながっていさえすれば、必ず消え去ってゆくものなのです。

こうした業想念は、神仏からの実在の心ではなく、三界(肉体界、幽界、霊界の低いところ)をめぐって、消えてゆく幻影のようなものなのです。

 

     「日々の祈り」  五井昌久 白光出版


 

 

« 立場をかえてみる | トップページ | 人間の未来は明るい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54347697

この記事へのトラックバック一覧です: 不動心:

« 立場をかえてみる | トップページ | 人間の未来は明るい »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ