« 今、大切なことは自分も相手も批判、非難、評価しないこと・・・。 | トップページ | 自分にとって悪い人とは自分の中の悪を取ってくれている人なのです。 »

2013年11月13日 (水)

抜け目のない人、抜けた人

   

今、中学時代の同期会のクラス幹事をやっているのですが、私の通っていた学校は公立だったので、勉強のえげつなく(関西弁)出来る人と、まったく出来ない人が入り混じっていたのです。

だからといって、出来ない子が授業が面白くないと教室であばれたり、先生に逆らったりすることも少なく(他校はあったようですが)、比較的穏やかな、平和な学校だったと思います。

私はといえば、出来る方でも出来ない方でもなく、ごく普通の公立高校へ進学しました。

しかし私の中で 「頭のいい子」 というのは、とっつきにくく、頭の中がなにか違うもので埋まっているのではないかという異和感があったのは確かです。

「自分は頭がいいんだ」 「たいがいのことは自分で解決出来るんだ」 「出来ない子と自分とは違うんだ」

とあからさまに言ってはいなくてもそんな雰囲気がその人から漂って来るので(考えすぎかもしれませんが)、親しく歩み寄って、仲良くしようという気にならなかったのです。

それよりも、勉強という枠からはみ出て個性的に生きている友人に魅力を感じていたのです。

そこには、「自分はこのままではいけない」 「どこかで自分を軌道修正しなければ」 「自分にはなにかが欠けている何だろう?」 という向上心が芽生えていて、その姿がけなげで、美しいとさえ思えるのです。

“人間はどこか抜けて足りないくらいがちょうどいい”

と思うのです。

そして

“自分で頭がいいと思っている人はかわいそうだ” と思うです。

それは、余程素直な人でないと真理(宇宙の法則)に巡り会うことは少ないと思うからです。





 


抜け目のない人、抜けた人
 
 

ふつうこの世で知恵のある人というのは、冷たい人が多いんです。

頭のいい人というのは抜け目がない。 「あの人は抜け目がない」 というのは悪い意味で使う言葉でしょ。

頭がよくてあんまり整っていると、人は付き合いにくい。 何故かというと面白くない。

いわゆる業で固まっていて、中の光が出てないから暖かく感じなくて、何か冷たい、ひんやりしたものを感じるんです。

ちょっと抜けたような人は、付き合いいいですよ(笑)。 みんなで喜んだりして、さては抜けてるな(笑)。 私だってそうですよ。 現象的には抜けたようなところがあるんです。

私はいつもこうやって話をするんでも、まじめに 「神さまというものは、光明燦然としていて、君のような ━ 」 (声つきも変わる) とやってたら、誰も聞きに来ないですよ。

「やだよ、先生の話は堅くて」 ところが時に抜けたような話をするでしょ。

それでお互いに抜けているもんだから(笑)共鳴するんですよ。

「全くだ」 という思うんです。 そこが手なんです(笑)。

本当に抜け目のない人というのは、あんまりいいもんじゃないですよ。

また抜け目のないような人は、ここへ話を聞きに来ないんです。

何故、話を聞きに来ないかというと、自分だけで何でも出来ると思うから。

「おれは抜け目がないんだ。 おれは頭がいいんだ。 なあにそんな人の話、聞かなくたっていい」 と思うんですね。

そういう人は憐れむべき人なんです。 この世では幸せじゃない、いつまでたっても神さまがわからない。

しかしここへ来るような人は抜け目があるから、どこかが抜けているから、抜けているところを足し増ししてもらおうとやってくるんですね(笑)。

どこか穴があいてたほうがいいんです。

そうするとそこへ神さまの光が流れ入ってくるんですから。

例えば、ここにまずい飲み物があるとします。 それをコップいっぱいに入れてしまうと、いっぱいだからもうあとは何も入らない。

ところがいっぱいでなく、いくらか抜けていると、何かいいものが入って来ます。

だからいつも自分の器というものは、からっぽにしておくほうが得なんです。

からっぽにしておいて、神さまの光を自分の中に入れとけば、神さまの光はそのまま働くでしょ。 それを私はいつも言うんです。

 

        「自由解脱への道」 五井昌久 白光出版




 

 

« 今、大切なことは自分も相手も批判、非難、評価しないこと・・・。 | トップページ | 自分にとって悪い人とは自分の中の悪を取ってくれている人なのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/53924486

この記事へのトラックバック一覧です: 抜け目のない人、抜けた人:

« 今、大切なことは自分も相手も批判、非難、評価しないこと・・・。 | トップページ | 自分にとって悪い人とは自分の中の悪を取ってくれている人なのです。 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ