« 死ぬこともおめでたい | トップページ | ほんとうの自分って何処にいるのだろう? »

2013年11月27日 (水)

自分の幸せだけを願っていていいのか?

   

自分のことばかりを想っている人、自分や家族までの心配はするけれど、それ以外の人はどうなっても知ったことではないと想っている人

お金をたくさん欲しいと想っていて、「寄附をするなんてとんでもない」 と想っている人、自分の病気や将来に対する不安が常にあって関心がそこにしかない人などは

「自分だけの幸せだけではなく、日本人や世界中の人たち、宇宙人類の幸せを願いましょう」と言ってみても時期尚早なのです。

おそらく、一番最後に救われる人たちだと思います。(良い悪いとかではなく)

人間とは心がすべてのすべてです。

だから自分の心の中のものがじわりと外に出て周りの人や物に影響を及ぼすのです。

樹でいえば、酸素(プラスのエネルギー)を出しているか? 二酸化炭素(マイナスのエネルギー)を出しているかの違いです。

生まれてこのかた、自分よがりの自分のことしか考えていないしかもマイナスのエネルギーしか出していなかったとしたら、それは宇宙にとってなんの貢献もしていないのです。

恩を仇で返しているようなものです。

だがしかし、もしそんな人たちが

“世界人類が平和でありますように 日本が平和でありますように 私たちの天命がまっとうされますように 守護霊様ありがとうございます 守護神様ありがとうございます”

と宇宙と共鳴する世界平和の祈りを祈るようなことがあれば、その人の周辺は、宇宙の無限のプラスのエネルギーで漲ることになるのです。

自分は3次元的には、目に見える世界では、あまり貢献できなかった、世の中に恩返しが出来ていなかったという人がいたとするのなら

世界平和の祈り、印はこれまでの生き方を一挙に帳消しに出来るのです、マイナスをプラスに代えて何倍返しにも出来るのです(笑)

過去を消し、潜在意識を消し、未来を変えることが出来るのです。







“己が幸願ふ想いも朝夕の世界平和の祈り言の中” という歌のように自分の幸せを想わない人はありません。 自分の身体が丈夫でありますように、自分の家が幸福で仲良くいきますように、お金もないよりあるほうがいいだからあるようにと、そういう自分の幸せを想うのは当たり前です。

それと同時になにかしら人の世のために役に立ちたいという気持ちがなければ、人間の道を踏んでいるわけではありません。

この肉体の自分というのは、天の恩、地の恩、先祖父母の恩、あらゆる恩恵によってこの一つの生命体として生まれてきたわけです。

それをなんにもこの世に恩を返さないで死んでしまったら、生まれたことがマイナスになる。

それなのに、今の若い人たちの中には、親が勝手に生んだんだ、とか、俺はもう二十歳になったんだ、自分に命は自分の勝手にするんだ、ほっといてくれ、ってなことを言って我まま一杯して、イザ困ると親にすがってくる、そういう人が大分あります。

 

           「永遠のいのち」 五井昌久 白光出版



 

« 死ぬこともおめでたい | トップページ | ほんとうの自分って何処にいるのだろう? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/54076027

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の幸せだけを願っていていいのか?:

« 死ぬこともおめでたい | トップページ | ほんとうの自分って何処にいるのだろう? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ