« 直観力を高めるために 2 | トップページ | 自分はいったい何者なのか? 2 »

2013年9月27日 (金)

自分はいったい何者なのか? 1

   


今、自分が知りたいことは、インターネットでほとんどを知ることができる。

「あまちゃん」の最終週はどうなるのか?

「半沢直樹」はどうして出向させられたのか?

知りたいこと、疑問に思ったことは、瞬く間に解決され、私たちがストレスを感じることは、以前よりは軽減されているのかもしれません(笑)

そして人間はどうしたら幸せになれるのか?

人間とはいったい何者なのか?

どこから来てどこへ行こうとしているのか?

死んだらどうなるのか?

ベールに隠されていたこれらのことも探せば、どこかに書いてある・・・・・・

しかし目の前にいくら答が書いてあっても

自分が強く求めていなければ

「フーンそうだったのか、でも今の自分はそんなことよりもお金が欲しい」

「彼女が欲しい」

「何か面白いことが起きて欲しい」

などと本人にしてみればどうでもいいことなのです。

たぶんそんな心境の人はここには読みに来てはいないと思うのですが、真理は後廻しなのです。

だがしかし、人間はいつかは真理に巡り会わなければならないようになっているのです。

その人にとって今は時期ではないだけです。(真理を探究するという)

しかし、多くの人たちにとって今はどういう時期であるかというと

真剣に生きている人が、世の中や自分の “生き方” に疑問を持ち始めているのです。

自分はいい大学も出た、いい人を見つけて結婚もした、子どもも順調に育ってくれている、・・・・子育ても終わった、不景気だけれどもなんとか仕事もうまくいっているし、このまま老後を迎えてもなんとか人並み以上の生活は出来る、思えば過去はなかなかいい人生だった、そこそこの人生だった・・・

だから自分は幸せなんだ

幸せなはずなんだ

心配事もほとんどない

周りの人は 「お幸せですね」 って言う


自分でも不幸せではないと思う

だが、なにかが違う

絶対に違う

幸せだという実感がない

感動がない

生きているという喜びがない

心が満たされていない

魂(本心)が納得していない

自分や家族だけが物質的に満たされている状態

それだけで幸せと言っていいのだろうか?

他の人、世の中の人は幸せなんだろうか?

幸せを感じているのだろうか?

日本は、世界はこのままでいいのだろうか?

自分はなに一つ知らずに生きて来た

病気になったらどうしよう

妻が先に死んだらどうしよう

いや自分が死んだら妻は悲しんでくれるだろうか?

死ぬのは怖い

だから病気にもなりたくない

死んだらどうなる?

自分という存在は永遠に無くなるのか?

死んだら家族とはもう逢えないのか?

このままいたずらの年齢を重ねて年老いていくのは嫌だ

不安な気持ちで毎日を過ごしていくのは嫌だ

なにも識らずに肉体を離れて、他の世界に行っていいのだろうか?

無目的に生きる人生に、生きる意味はあるのだろうか?

過去ばかりを振り返り、過去にばかりエネルギーを注いでこれでいいのだろうか?

自分のミッションはなんだったのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰か本当のこと(真実)を教えてくれっ!

これが一般の人たちの普通の感情だと思います。

このようにいつかは、真理を渇望する時期が来るのです。

私はその時期が以前よりもかなり早まって来ているように思うのです。

それは今は、波動が細かくなって(宇宙のエネルギーに近づいている)

目覚める準備が出来ている人が増えているのです。

だからそれにつれてこのブログのアクセス数も急増しています。

これからもみなさんが読んで

ビビッと来るような、そんなブログを心がけていきたいと思っています。



 

 

« 直観力を高めるために 2 | トップページ | 自分はいったい何者なのか? 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/53406410

この記事へのトラックバック一覧です: 自分はいったい何者なのか? 1:

« 直観力を高めるために 2 | トップページ | 自分はいったい何者なのか? 2 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ